セックス(SEX)する際に、女性にとって気持ちが良い体位だったり、男性にとって気持ちが良い体位があるかと思います。今回は、SEX(セックス)で男性の方が気持ちよくなれる体位5選を紹介していきます。

 

基本的に、男性にとってマンコの締まりが良く、強い体位になりますので、男性にとってペニスの刺激が強くなり刺激を得られる体位になりますね

 

伸展位(しがらみ)

しめ小股ともいわれますが、仰向けに寝た女性に男性がうつ伏せにかぶさりそのまま挿入します。体の密着はもとより足を閉じた状態で挿入するので締りもよく男性に人気の体位ですが、女性もペニスをピストンするときにクリトリスや膣口が刺激されるので人気です。

 

激しく動くというより顔見て話しながらペニスをこするように挿入すると雰囲気も出て効果的です。ただし、デメリットもあって、ペニスの長さによっては挿入が難しいこととあまりの気持ちよさに女性が伸展位でしかイケなくなってしまうことです。

 

屈曲位

女性の足を男性の肩にかけそのまま前のめりになった状態でペニスを挿入します。女性の腰が持ち上がるのでペニスを奥まで挿入することができます。他の体位と違い女性の動きを奪ってしまうのでその状況にさらに興奮する男性も多いといいます。

 

女性のほうは、この体制で長時間続けらると辛いや奥まで挿入されると痛いなどデメリットもあります。どうしても試したい場合は、正常位の続きで短時間試してみるくらいにとどめておきましょう。

 

寝バック

バックでも締りはよくなりますが、今回紹介するのは寝バックといわれる体位。女性がうつ伏せに寝て男性はその上にうつ伏せに覆いかぶさり挿入します。足を開くバックと違って足を閉じている分締め付け感も増します。

 

挿入した時にペニスでGスポット付近を刺激するので女性にも人気の体位です。基本的には男性が腰を押し付けるようにしてピストンしますが、女性も男性の動きにあわせて腰を動かすと男性が喜びます。

 

 

立ちバック

女性に壁に手をつかせた状態で挿入するシーンをイメージすると思いますが、立った状態ということもあり足に力が入ることから締りがいいといわれている体位です。男性は下から上に突きあげるような感じで腰を動かすと女性のGスポット付近を刺激できます。

 

立ちバックはベランダなど人目が気になる場所でも服を着たままできる体位ともいえます。いつもとちょっと違ったシチュエーションを試すにはおすすめの体位です。

 

騎乗位

女性上位ともいいますが有名な体位なので挿入方法の説明は省きますが、女性が膝を付けた状態で腰を動かすと締り具合が増し効果的です。基本的には女性主導で動きますが、男性も下から突き上げるように動くとさらに感度アップします。

 

女性が足を開いて下腹に力を入れた状態で動くと膣が締ります。さらに女性の状態を後ろに倒してもらうとさらに締り具合が増します。

 

締りがよくなる体位を試したいといってしまうと女性を傷つけてしまいますが、お互いに気持ちよく慣れる体位を試したいといえば快く応じてくれることでしょう。たくさんの体位を試してみて二人だけの最高のセックスを見つけてみてください。

 

まとめ

セックスは女性を気持ちよくすることに意義があるって人もいるかとは思いますが、男性も気持ちよくなれる方が、女性にとっても嬉しいのは間違いないです。女性のために、男性のためにだけにSEXするのではなく、お互いに気持ち良い状態こそが大切なことだと思いますが、男性が気持ちよく感じられる体位も取り入れてはいかがでしょうか?

 

セックス体位の王道である正常位についてのテクニックです↓

 

このサイトの管理人

yui
yui
セックス講師の「ゆい」です。女性が心から満足してセックスでイケる為に男性がセックステクニックが上がるための方法を解説しています。

私の配信が、1日に「10000人以上」に見られる大きなメディアとなりました。女性に対して、心から気持ちいと思えるセックスができるように是非読みまくってくださいね!

■ セックステクニックノウハウ記事まとめ



■ 【漫画】で学ぶセックステクニック