AVで時々見かける体位「背面騎乗位」。背徳的なポジションから女性を思いっきり喘がせたい!あわよくば絶頂させてメロメロにしたい!今回は背面騎乗位を極めるための上級テクニックを解説していきます。

 

これまで背面騎乗位を避けてきたという方も、AV男優やビッチが認める背面騎乗位の極意を習得できれば、潮を吹かせることだってできちゃいますよ。

 

極めれば、あなたの背面騎乗位の腰使いに女性もメロメロになるかもしれません。

 

Contents

背面騎乗位の特徴とメリットとデメリット

背面騎乗位の特徴は、女性が後ろ向きで男性にまたがるスタイルです。お互いの表情や反応を確認できる通常の騎乗位とは違い、顔を合わせずに楽しむ体位。背面騎乗位は、男性にとって女性のお尻がユラユラ動く様子を眺められるので、お尻フェチな男性にとってはとても魅力的!

 

女性にとっては、感じている顔を男性に見られずにすむので、恥ずかしさを感じにくく、思う存分感じることができる、ある意味では開放感が感じられる体位でもあります。

 

背面騎乗位の魅惑メリットその1:お尻フェチの視覚的興奮度が高い!

男性から見る背面騎乗位最大のメリットは、やはり女性のエロいお尻を思う存分眺めながら気持ちよくなれることです。腰の動きに合わせて上下左右前後に動く、女性のエロい腰つきとユラユラと揺れるお尻は、最高の目の保養!

 

お尻フェチならば絶対に毎回やっておきたい体位と言えるほど人気があり、チラチラと覗くアナルも視覚的興奮がグッと高まるポイントです。

 

背面騎乗位の魅惑メリットその2:ぽっこりお腹が邪魔にならずスムーズに動ける体位

歳をとるごとにポッコリとボリュームが出てくるお腹。最高のセックスをしたいなら、ポッコリしたお腹をキュッと引き締めておくこともオススメします。

 

なぜなら、お腹が邪魔になって正常位や通常の騎乗位でスムーズに動きにくくなる場面が出てくるからです。お腹がつっかえて動きにくいなんてカッコ悪いので、まずは女性が惚れ惚れする肉体へと改造!

 

ただ、お腹を引き締めるまでSEXを我慢するなんてできない。ということで、ぽっこりお腹を気にしながらも気持ちいいSEXをするなら背面騎乗位がベスト!

 

女性が後ろ向きで男性にまたがるので、男性のぽっこりお腹を気にすることなく双方動くことができます。お腹を気にせずスムーズなピストンができるのは、体型が気になってきた男性にとってメリットですね。

 

背面騎乗位のデメリット!抜けやすいので挿入の深さやピストン運動のコツを掴め!

背面騎乗位にはデメリットもあります。それは「抜けやすい」ということ!セックスで盛り上がっている最中に、何度も何度もペニスが抜けてしまうのは避けたい事態です。

 

興奮度も下がってしまいますし、雰囲気も落ち着いてしまうので、盛り上がったままピストン運動を続けたいですよね。ということで、背面騎乗位におけるベストなペースト挿入の深さ、前後左右の腰の動かし方を探りましょう。

  • どのくらいのピストンなら抜けにくいのか?
  • どのくらいのスピードなら抜けにくいのか?

 

そして男性は、女性のお尻や腕をしっかり支えて安定させることも意識してください。ちなみに背面騎乗位は、女性主導で動くことが多いですが、男性が動くことでクリトリスも刺激されて快感が高まりますので、男性も女性の動きに合わせて腰を動かしてあげてください。

 

背面騎乗位の極意体位を習得する前に…要注意3選

背面騎乗位のテクニックを上達させる・極意を習得する前に、要注意ポイントが3つありますので、覚えておきましょう。

 

背面騎乗位の要注意ポイントその1:挿入はスローで!

愛らしいお尻を眺めながら思いっきり突き上げたくなる気持ちはわかります。ただ、背面騎乗位は他体位と比較しても安定性に欠ける体位なので、挿入する時はスローでゆっくりと挿れていきましょう。

 

正常位や騎乗位はある程度安定させながら挿入できますが、背面騎乗位はバランスを崩しやすいというデメリットがあります。体勢を崩して転倒してしまっては。ムードがぶち壊し!背面騎乗位をスタンバイしたら、女性の腰を優しくしっかり支えながら、安定させつつゆっくり挿入しましょう。

 

背面騎乗位における挿入時のコツは、女性が男性の膝を掴みながら前かがみになること。男性は、自身の膝を掴むよう女性にナチュラルにアドバイスして、挿入しやすい角度を意識しながら前かがみになってもらうようリードしてあげてください。

 

背面騎乗位の要注意ポイントその2:ピストン・腰の動きの速度は少しずつあげていく

安定させながらゆっくり挿入したら、いよいよユラユラ揺れるお尻を…!と、焦らないでくださいね!どの体位でも、いきなりゴスゴスと突き上げるのはNGです。

 

女性が痛みを感じる可能性もあるので、(そういうプレイでない時は)強引にピストンするのは控えましょう。背面騎乗位でも、挿入してしばらくはピストンのスピードも緩やかめを意識して、緩やかなピストンに慣れてきたら、少しずつスピードUPしていきましょう。

 

背面騎乗位の要注意ポイントその3:ペニスの角度では痛みを感じることもある

これは女性の話ではなく、男性の話です。背面騎乗位では、ペニスが膣内にあたる角度が普通の騎乗位と真逆になります。いつもとは違う角度で膣内を突かれるので、背面騎乗位が好きだという女性もいますが、男性の中にはペニスの反りやピストンの角度で痛みを感じる方もいらっしゃいます。

 

相手が痛みを感じていないか、自分の気持ちい角度で挿入できているかを確認しながら腰を動かしていきましょう。もしも痛みがあるなら、腰や上半身の角度を変えつつ、2人にとってベストなポジションを探してください。

 

背面騎乗位における2つの極意を習得すべし

それでは、ここから背面騎乗位の実践で使える極意を2つご紹介いたします。慣れるまではコツを掴むのが難しいかもしれませんが、慣れればピンポイントで気持ちい所を刺激できるようになるでしょう。

 

背面騎乗位の極意その1:背面騎乗位で裏Gスポットを刺激せよ!

女性の膣内、指の第二関節ほど入れた所のお腹側にあるのがGスポット。実は、女性の体にはGスポットの真逆の位置に「裏Gスポット」なるものが存在しています。

 

背面騎乗位は、この裏Gスポットを刺激するのにベストな体位!女性の上半身を30度前後の角度に優しくリードして、腰を使って突き上げてみてください。女性の上半身を少し前傾にすると、裏Gスポットにあたりやすい角度になりますよ。

 

この裏Gスポットを失念している男性も少なくないようなので、裏Gスポットを刺激すれば、女性にとっても未知の快感が訪れるかもしれません!

 

背面騎乗位の極意その2:彼女が下付き膣なら背面騎乗位が好相性!

女性の膣は大きく分けて、クリトリスに近い場所に膣がある「上付き膣」と、お尻側に近い場所に膣がある「下付き膣」の2パターンに分けられます。もしも彼女が下付き膣だったなら、背面騎乗位が好相性ですよ。

 

※上付きと下付きの一般的な基準

  • アナルから4cm以上離れている → 上付き膣
  • アナルから4cm以内の場所にある → 下付き膣

 

相手が下付き膣だった場合、背面騎乗位でのペニスの角度が、奥まで刺激できるために、快感を得やすいのです。もしも女性の膣が上付き膣だったなら、対面騎乗位もしくは正常位の方がスムーズに奥まで突くことができます。

 

女性の膣の場所と、好相性の体位があると知っておくことも、最高のSEXの極意と言えます。

 

実践編!背面騎乗位の極意を伝授!

ここまで背面騎乗位における基本情報や注意事項をお伝えしてきました。いよいよ実践です!実は背面騎乗位と言っても数種類の体位があり、微妙に体勢が違って刺激の強さや難易度も異なります。

 

ちなみに、彼女とこのページを読みながら2人で試行錯誤するのも、一種のプレイとして盛り上がるかと思われます。最高に気持ちよくなりたいことを伝え、2人で探究心を刺激して色々試してみましょう!

 

撞木ぞりでGスポを狙い撃ち!仰向けに反った女性の体を突き上げろ!

背面騎乗位の体勢で、女性が仰向けに体を反らします。腕は後ろの男性の体に置き、女性の前後左右の動きに合わせて男性も下から突き上げます。この体位は「撞木反り」と呼ばれる体位で、女性は自分の気持ちい場所にあてやすく、ペニスへの締め付け具合もUP!

 

ペニスが短いとお悩みの男性でも、この体位は女性のGスポットを狙い撃ちしやすくなるのでオススメです。男女ともに難易度も高めなので、背面騎乗位の中でもトライしやすくてベスト!ただ、動きがハードになるとペニスが抜けやすくなるので、2人で動きを合わせることが重要です。

 

本駒駆けで密着度UP!体育座りで深い挿入とベストな角度!

背面騎乗位の体勢で、男性が体育座りの体勢になってみてください。この体位は「本駒駆け」と呼ばれる体位で、女性側は男性の両膝に体を預けられるので安定性がUP。女性が少しだけ体を前に傾けることで、裏Gスポットにペニスがあたりやすくなるのでオススメです。

 

男性が体育座りをすると、女性はそこにピッタリとハマる形で座ることができます。女性の太ももの肉が邪魔にならず、前後左右に動きやすいのです。

 

ぽっちゃり体型だという男性も、女性の体が自分にフィットするように感じられるので、密着度UPで興奮度もUPしやすくなります。ただ、体育座りだと男性はピストンしにくいので、女性が積極的に動いてあげましょう。

 

鳴門(なると)で一味違った挿入刺激!女性の腰を左右に動かして膣内でペニスを回転!

10 鳴門

鳴門は背面座位の一種になります。男性と女性は同じ方向を向き、女性は男性の上に乗り挿入する形になります。女性の膝の下を持って脚を開かせて、女性の腰を左右に動かして膣内でペニスを回転しながら押し込みます。

 

腰を回転させて挿入する為、通常のピストン運動とは女性も男性も違った刺激・感覚となる為、気持ちよさや興奮度が高まります。

 

月見茶臼で視覚的興奮度UP!裏Gスポを突き上げながらクリトリスを擦れ!

男性が完全に仰向けの状態になり、女性は背面騎乗位から四つん這いの体勢になります。月見茶臼と呼ばれる体位で、角度的に女性の裏Gスポットを刺激しやすいというメリットがあります。

 

女性は特に上下と前後の動きがしやすいので、自分の気持ちいいところにあてて、男性にどこが気持ちいいのかを的確に伝えることができます。男性は、ペニスが抜けやすい体位であることを意識しながら、抜けないようにリズミカルに下から裏Gスポットを突き上げてあげましょう。

 

まとめ

正常位や対面騎乗位とは、異なるポイントを責めることができる背面騎乗位。抜けやすいというデメリットはあるのものの

  • 女性の裏Gスポットを責めやすくなる
  • ぽちゃり体型でも動きやすい
  • お尻フェチには最高の目の保養になる

といったメリットは魅力的です。

 

男性が女性の体をしっかり支えて安定させてあげる・リードしてあげることで、女性も素直に気持ちいい場所にあてる動きができます。2人の協力で快感が高まるので、連帯感や絆も深まるでしょう。

 

抜けにくい角度や挿入の深さ、ピストンスピードのコツを掴めば、女性を思いっきり喘がせることも可能ですよ。背面騎乗位という体位を極めてメロメロにしちゃいましょう!

 

このサイトの管理人

yui
yui
セックス講師の「ゆい」です。女性が心から満足してセックスでイケる為に男性がセックステクニックが上がるための方法を解説しています。

私の配信が、1日に「10000人以上」に見られる大きなメディアとなりました。女性に対して、心から気持ちいと思えるセックスができるように是非読みまくってくださいね!

■ セックステクニックノウハウ記事まとめ



■ 【漫画】で学ぶセックステクニック