エロ動画でよくお目にかかる、屈曲位。見た目にもとってもエロい体位なので、ぜひ試したい!と考えている男性はきっと多いことでしょう。ですが、女性には受け入れられない体位、という評価があるのもまた屈曲位です。

 

独りよがりで自分がやりたいことばかりになってはいけないのがセックスですよね。男性がやりたくても、女性がつらい思いをするようではいいセックスにはなりません。屈曲位は果たしてしっかり女性を気持ちよくしてあげることが出来る体位なのでしょうか?

 

今回は、屈曲位についてしっかりお勉強していきましょう。

 

屈曲位のやり方とは

まず、屈曲位について正しく知りましょう。

 

屈曲位は、一言で言えば「女性の脚を持ち上げて行う正常位」です。足を持ち上げる分密着しやすい体勢になり、その分快感を得やすい体位になります。また、密着しやすくなるだけではなく、脚を上げている影響で膣の締まりも良くなる傾向にあります。

 

そんな屈曲位の正しいやり方は、以下の通りです。

 

女性に仰向けになってもらい、まずは正常位からスタート

突然「屈曲位がやりたい」と言って応じてくれる女性ばかりではありませんから、まずは正常位でセックスをして女性の興奮をある程度高めておくのが成功へのコツです。

 

通常正常位から

そして、タイミングを見計らって、足を上げるようにして体位移動を行ってみましょう!

 

もし、嫌がられたら無理強いはせず、次の機会に回したほうが賢明です。次のセックスまでに、他の誘い方を考えておきましょう。

 

女性の脚を持ち上げて、抱え上げ肩に乗せる

正常位のまま、女性の脚を高く持ち上げてひっかけるように肩に乗せましょう。女性との体格差によっては、肩に膝が届かなかったり、逆に足が長すぎたりして上手に肩に足を乗せられないこともあります。そんな場合は焦らず、女性の脚を自分の上半身になるべく引き付けた状態で固定するようにしましょう。

 

男性の肩に女性の脚をかけるのが屈曲位なのではなく、女性の身体をふたつに折り曲げるような体制でするセックスが屈曲位ですから、必ずしも女性の脚を肩にかける必要は、実はありません。

 

もちろん、肩に脚をかけることが出来れば、手が自由なので色々と動きやすくなるし他の性感帯を手で責めることが出来る、というメリットはありますけれどね。

 

女性が屈曲位へのチャレンジに積極的なようであれば、自分で足を抱えてもらうのも視覚的にエッチでお勧めですよ。女性は脳で感じますから、「エッチなポーズを取らされてる」と実感するだけで、感度がぐんと上がります。

 

ゆっくりペニスを挿入する

一気に挿入すると女性に痛みを与えてしまいますから、可能な限りゆっくり挿入しましょう。また、最初から女性の身体を深く折り曲げてしまうと、折り曲げられる圧迫感と挿入の圧迫感がダブルでやってくるため、最初は正常位に近い体勢での挿入からはじめると良いです。

 

挿入しきった後はいよいよピストン運動ですが、可能な限りゆっくり動くように努めましょう。屈曲位で激しく動くと、膣奥にかなり深くペニスを突き当てることになりますので、奥を責めることに慣れていない女性の場合、痛がられてしまいます。

 

つまり、ペニスが大きい場合には、逆に女性に痛みを与えてしまう場合があります。ただ、逆にペニスが小さくでもある程度奥までペニスを届かすことが出来る体位なので、ペニスが小さかった場合でも中イキをさせる事もできてしまうのです。

 

ペニスが大きい場合でも、女性から奥をねだられるほど膣奥での感度がいいのであれば、ためらう必要はありません!疲れてしまう前にガンガン突いて、女性をしっかり満足させてあげましょう。

 

動きは、女性を引き寄せるイメージで

腰を使うときは、女性を自分の方へ引き寄せるように動かします。膝をついている状態、しかも女性の脚を肩に担ぎあげてのピストンは自由に動ける範囲が限られています。自分から動くというよりも、女性側を引き寄せるように動かすイメージです。

 

工夫しても動きたりないという場合は、女性の脚を高く上げさせたままで腰を掴んだりして引き寄せるようにするとより動きやすいでしょう。

 

負担の大きい体位なので、時間はほどほどに

屈曲位は、男性側からしたら女性の脚を乗せながら動く体力的負担、女性からしたら身体を曲げられている負担やそもそも奥の方を突かれることへの痛みなどがあり、あまり長く続けられる体位ではありません。

 

屈曲位をセックスに取り入れるなら、フィニッシュの時だけ集中的に、または途中で短時間だけなど、負担にならずに楽しめるように取り入れていきましょう。

 

屈曲位のメリット

やり方を知ると、「負担がすごいならちょっと」と尻込みしてしまった男性もいらっしゃるかもしれませんね。ですが、その負担を背負って余りあるメリットが、屈曲位にはあります。

 

屈曲位のメリット①顔を見ながらセックス出来る

これは正常位でも同じことではありますが、顔を見ながらセックスが出来るのはかなり大きなメリットです。何より顔を見ることが出来る状態は、女性に安心感を与えることが出来ます。

 

それに、男性側からすれば、女性の感じている顔を見ながらするという楽しみを充分味わえる体位と言えます。

 

屈曲位のメリット②ペニスが小さくでも膣奥まで挿入が出来る

正常位でのセックスでは、膣は結構下向きになっています。どちらかと言えば上向きのペニスを挿入するためには、実は正常位はあまり向いていない、というわけなんですね。

 

ですが屈曲位であれば、女性の身体がぐっと折り曲がることによって腰がかなり上を向きます。そうなると、膣も上向きになり、ペニスを奥まで挿入することが正常位よりも容易になるのです。女性の膣奥を充分責めることができるのが、男性にとっての屈曲位最大のメリットと言えるでしょう。

 

また、体位として足が挿入を邪魔することがない為、ペニスが小さくでもある程度奥までペニスを届かすことが出来る体位なので、ペニスが小さかった場合でも、性感帯を刺激して、中イキをさせる事もできてしまうのです。

 

屈曲位のメリット③女性の興奮が増す

これはM気質の女性にだけ当てはまる話ではありますが、「動きを制限されている状態でセックスをしている」というのは、まるで無理やり犯されているような興奮を得ることが出来ます。

 

屈曲位は、M気質の女性を最高に興奮させる体位の一つ、ということが出来るでしょう。

 

屈曲位のメリット④女性がイキやすい・中イキが狙える

膣の奥までの挿入がしやすい体位であることと、女性の脚が比較的まっすぐに伸びていることから女性は膣へと力が入れやすいというメリットがあります。膣に力を入れることによって、女性は自ら中イキしやすい状態を作りやすくなるのです。足ピンオナニーと同じ理屈ですね。

 

屈曲位はどちらかといえば男性がイニシアチブを握っている体位ではありますが、女性が「イキたい」と考えたタイミングで力を入れやすくなるため、協力してお互いにイク、という一体感が得られます。

 

つまり、奥を突かれることを痛がる女性には向いていない体位ではありますが、逆に言えば、ポルチオ周辺の開発を目指している場合には加減をしながら奥を責めることのできる体位として、向いていると言えます。

 

屈曲位のデメリット

先ほどメリットの項で少し触れましたが、改めて屈曲位のデメリットについてまとめていきましょう。

 

屈曲位のデメリット①嫌がる女性もいる

女性の脚を高く持ち上げる体位ですから、当然男性から女性器やアナルが丸見えになります。その体勢を「恥ずかしい」と感じて、屈曲位を嫌がる女性もいますから、そういう場合は無理強いをせずにまずは正常位で充分女性を感じさせてあげましょう。

 

興奮が高まって、羞恥心が減ってきた頃にもう一度試すことによって、応じてくれるかもしれませんよ。

 

屈曲位のデメリット②クリトリスへの刺激が与えにくい

屈曲位は、挿入こそ深くなるものの、角度的に挿入と同時にクリトリスを恥骨で擦るということがほぼ不可能です。膣内の性感帯が開発されていない女性の場合、クリトリスへの刺激が足りないとなかなかイケません。結果的に、女性が不完全燃焼のままその日のセックスが終わる可能性があります。

 

特に、膣イキをまだ覚えていない女性と屈曲位をする場合は、挿入する前に丹念な愛撫を心がけましょう。挿入で満足感を得られなくても、愛撫がしっかりできていれば女性は満足できますからね。

 

そしてもし可能であれば、挿入の最中に指でクリトリスを弄ってあげるといいでしょう。挿入しながらクリイキさせることによって、より中イキしやすい身体に育てることが出来ますよ。

 

屈曲位のデメリット③女性の負担がとにかく大きい

足を持ち上げて深く折り曲げられると、特に身体の硬い女性にとっては拷問に等しいほどの苦痛を感じます。そのうえ、挿入するときは男性が上から覆いかぶさって多少なりとも体重をかけるわけですから、言うなれば「セックス中に無理にストレッチをさせられている」のとほぼ同じ状態になってしまうのです。

 

身体の負担が大きいと、セックスに集中して快感を追うどころではなくなってしまいます。「ものすごく疲れる・痛い体位」だという印象を持ってしまえば、もう女性は屈曲位に応じてくれなくなってしまうでしょう。

 

なので、上体の体重を全て預けてしまうのではなく、女性に預ける重さを調整して、あくまで長時間楽しむ体位としてでは無く、セックス体位の一つとして、屈曲位を取り入れていきましょうね。

 

まとめ

いかがでしたか?たしかに向き不向きはありますが、一度試してみたらすっかりハマってしまうかもしれないのが屈曲位です。

 

うまくできれば中イキ間違いなしの屈曲位を、ぜひ楽しんでくださいね。

 

 

このサイトの管理人

yui
yui
セックス講師の「ゆい」です。女性が心から満足してセックスでイケる為に男性がセックステクニックが上がるための方法を解説しています。

私の配信が、1日に「10000人以上」に見られる大きなメディアとなりました。女性に対して、心から気持ちいと思えるセックスができるように是非読みまくってくださいね!

■ セックステクニックノウハウ記事まとめ



■ 【漫画】で学ぶセックステクニック