Gスポット 構造

ポルチオはGスポットのようにメジャーではありませんが、膣内ではGスポットに匹敵する気持ち良くなれるポイントです。

 

しかしながら、いきなり触っても「そこ気持ち良い」と女性が感じることはほとんどありません。

 

ポルチオは、子宮口の近くにあります。つまり、膣内の奥の方です。男性の指の長さによっては届かない場合もあります。そのときには、バイブで攻めるという方法がありますし、男性器で刺激することもできます。

 

男性は、「セックスのときは、奥まで突けば突くほど女性は気持ち良い」と考えていますが、これは全ての女性に当てはまる訳ではありません。膣内の奥まで挿入されると痛みを感じている女性もいます。この両者の違いは、ポルチオが感じるポイントとして機能しているか、機能していないかなのです。

 

ポルチオを感じるポイントにするためには、性感帯として開拓をする必要があるのです。未開拓の女性に対して、女性は奥を突かれるのが気持ち良いはずと何度も何度も奥まで突いていると「あなたとのセックスでは気持ち良くなれない」「身体の相性が悪いのかも」などと思われてしまうおそれがあります。

 

奥まで突くときには、女性の反応を確かめながら突くことが大切ですし、「痛くない?」「気持ち良い?」など声をかけてあげることも大切です。

 

ポルチオで開発の為に

すでに、ポルチオが気持ち良くなれるポイントとして開拓されている女性はどんどん攻めてあげれば良いのですが、まだ開拓されていない女性に対しては、ポルチオを気持ち良くなれるポイントとして開拓をしてあげなければいけません。

 

ポルチオを開拓するために最初にやるべきことは、膣内をしっかりと濡らしてあげておくことです。そして指の付け根あたりもしっかりと愛液をつけておくようにしてください。

 

指を奥まで挿入しなければポルチオに届かない場合は、膣の入り口には指の付け根が密着します。そのときに、指の付け根がそのままの状態であれば、ポルチオをゆっくりと刺激している間に、膣の入り口付近に痛みを感じることがあります。

 

ですから、指の付け根まで愛液で濡らすことが難しければローションを使って滑りをよくしておく必要があります。

 

ここまでの準備が整えば、いよいよポルチオに刺激を与えます。しかしながら、いきなり強い刺激を与えるのは厳禁です。ゆっくりとやさしく指の腹で押したり、さすったりしてあげてください。

 

そのときには、「痛くない?」など声をかけてあげることを忘れないでください。ポルチオで気持ち良くさせる最初のミッションは、感じさせることではなく、ポルチオへの刺激に慣れてもらうこととなります。

 

ゆっくりと指の腹で押したり、さすったりして弱い刺激を少しずつ与えてあげ、ポルチオに刺激を与えられるのは普通のことだと認識をしてもらいます。

 

弱い刺激でも与え続けていれば、表情に違いがでてくるなど女性の反応に変化がでてきます。変化があれば、指をグリグリ左右に振ってみたりちょっと出し入れをしてみたり刺激を少し強めます。

 

女性が寝そべった状態では、指が届かない場合は、女性に座ってもらうなど体勢を変えてもらう必要がでてきます。座位の体勢をしてもらえば、指はより奥へ届きます。

 

指で与えるポルチオへの刺激に気持ち良いと感じるようになれば、いよいよ男性器を挿入してポルチオを攻めます。

 

膣内の奥にあるポルチオを攻めるからといって一気に腰を大きく振って、ポルチオに男性器をぶつけるような強い刺激を与えてはいけません。ゆっくりとやさしく奥まで男性器を挿入します。

 

このときも「痛くない?」など声をかけてあげることを忘れないでください。女性が痛みを感じることなく、しっかりと奥まで挿入することができれば、いよいよ腰を振ります。

 

しかしながら、大きく腰を振る必要はありません。男性器の先っぽがポルチオから少し離してからゆっくりとポルチオを押す、少し離したらゆっくりと押すというイメージで刺激を与えてあげてください。

 

男性器の長さが足りなくてポルチオに届いていないようであれば、騎乗位や座位などの女性が上になる体位であれば、ポルチオに刺激を与えることができます。

 

ポルチオはデリケートな膣内の奥にありますので、刺激に慣れるまでは痛みを感じやすい部分です。ゆっくりと刺激に慣れさせることで、気持ち良くなれるポイントに覚醒します。

 

ポルチオが覚醒すれば、ポルチオをしっかりと突いてあげることも可能になります。