日本のエロ業界が活発なのは今に始まったことではありません。特に日本のアダルトビデオは、時に海外ポルノのレベルを軽く超えることさえあります。ジャパニメーションと同じくらい有名…とまで言うと、ちょっと驚いてしまいますね。

 

日本のAVがスゴイのは、まずストーリー重視であること、そして何より、女優のレベルが高いこと。ニーズに合わせて細分化されたジャンルなども相まって、男性をレンタルショップののれんの向こうに送り込めば必ず好みのAVが見つかる、と言っていいほどに充実しています。

 

そんなわが日本の誇るAV、誰しも一度くらいは見たことがあるのではないでしょうか?初めて見たAVが忘れられなくて、付き合う女性に同じプレイをしてみたり、「勉強」と称して何本もAVを積み上げて、「これだ!」というワザを試してみたり…日本の男性は、良くも悪くもAVにセックステクニックを育てられているところがあります。

 

でも、実はそのAV仕込みのテクニック、女性には歓迎されていない場合もたくさんあるんです。今回は、AVにありがちな勘違いセックステクニックについてお話していきましょう。

 

絶対お断り!AV勘違い8つの最悪テクニック

子供のころ見ていたサッカーアニメの超絶テクニックプレイは現実に不可能だと分かっていても、画面の向こうで女優さんが喘いでいると、つい「このテクで女性は落ちるんだな、ヨシ!」なんて考えてしまいがちですよね。

 

ですが、「AVはあくまで作り物・フィクション」なんです。女優さんも男優さんもその道のプロで、映像を見る男性(時に女性)をいかに視覚で興奮させられるか?という点にウエイトを置いて作られています。その中には、実践してみてもそんなに気持ちよくない…なんていうものも含まれてます。

 

では、どんなプレイが女性に嫌がられてしまうのでしょうか。代表的なものをピックアップしてみました。

 

1.オナニーを見せてと頼む

AVやエロ漫画にしか見られないような、かなり特殊な発想と言えるでしょう。女性がかなりのMであればそれも受け入れてくれるかもしれませんが、今からセックスする、という女性を一瞬で怒らせることになる可能性が高い行為です。

 

そもそもオナニーって、誰にも見られないことが前提だからできるものじゃないでしょうか。もしあなたが女性から「オナってるとこ見たい」って言われたら、素直に目の前でペニスを扱けますか?「あ、無理だな…」と思ったなら、ぜひ、そのまま諦めましょう。

 

2.やり過ぎな言葉責め

露骨にエッチな言葉を言われたり言わされたりするのは、興奮するMな女性も中にはいますが正直引いてしまう女性の方が多数派ではないでしょうか。

 

心とカラダが連動していることが多い女性が望むのは、露骨に生々しく卑猥なセックスではないのです。ドラマや漫画のような、どちらかというと心が通じ合うような、どこかきれいなイメージのあるセックスです。となると、エロいセリフで責めるよりも甘いセリフで褒めるほうが、セックスに積極的になってくれると思いませんか?

 

ですので、試してみるなら、「こんなに濡れてるよ?」くらいの、本当に軽い煽りから。この言葉でビクンと震えるような反応をしたり声がよく出るようなら、もうちょっと言葉で責めても大丈夫。ですがもしも女性が強張ってしまったり、黙ってしまうようなら、「引かれてるな」と察して、すぐにやめるようにしましょう。

 

しっかりと反応をみる事が大切ですよ!

 

3.フェラチオがいつの間にかイラマチオ

フェラチオを拒まない、あるいは積極的にしてくれる女性だからと言って、イラマチオまで好んで受け入れてくれるわけではありません。フェラチオは奉仕的な気持ちで行動できますが、イラマチオまでいくとモノ扱いのようで、屈辱的に感じることも多いものです。

 

そもそも、喉奥を責められて気持ちいいと感じる女性はほんの一握りでしょう。たいていは、喉を突かれれば嘔吐感がこみ上げるだけです。ペニスを吐物まみれにされても興奮できるかどうか、一度よ~~く考えてみてください。

 

フェラチオが気持ちよすぎて、気づいたら女性の頭を抱えていた…なんてことのある男性は要注意です。自分でどこまでくわえられるかコントロールが出来るフェラチオとは違って、強制的に喉奥を責められては苦しくてたまりません。「その苦しがる顔がいいんだ!」というS男性は、どうかイラマを喜んで受け入れてくれるドM女性を選んでプレイするようにしてください。

 

4.体位をバンバン変える

AVで何度も体位が変わるのは、あくまで見せ場づくりのためです。何度も何度も体位を変えられ、そのたびにペニスが抜けたり角度が変わったりでは、女性はイキたくてもイケなくなってしまいます。

 

ただでさえ女性は中イキするのが難しく、中には膣でイケない女性もいるくらいです。というか、ペニスで中イキできる女性のほうが珍しいですしね。それくらいハードルの高いエクスタシーを追うのに、仰向けからうつぶせにされて足を伸ばされて次は持ち上げられて…なんてされたら、とてもじゃないけど集中できません。

 

たくさんの体位を試してみたい気持ちはわからなくもありませんが、一度のセックスで試す体位は2~3種類程度にしておきましょう。もちろん、女性が痛がったり感じにくそうだったりする体位にこだわり続ける必要はありませんから、そういう時はためらわずに他の体位を試していきましょう。

 

 

5.見た目重視の体位・ピストン

AVですと、視聴者が楽しめるような見た目重視の体位等も行います。なので、女性が気持ちいい体位ではなく、むしろキツイ体勢での挿入などを行っています。それを鵜呑みにしてしまい、女性に対してプライベートセックスでも行ってしまうと、その体制を維持する事がキツク気持ちいどころではなくなってしまいます。

 

立ちバックなどでも、女性の片足を広げてピストンをする等は、股関節が痛いですし、正常位でも女性の足を広げるのも一定角度を超えると、体がやわらかくなければ痛みしかありません。駅弁等でも男性のしっかりとした支えが無ければ、体制のバランス維持もキツイですしね。

 

たしかに、見た目はエロ差が有りますが、それが女性にとって負担が少ないかどうかを考えるようにしましょう。もちろん、女性がそういった性に対して冒険的で興味があるのでしたら、話し合って取り入れてもいいですね。

 

また、AVではピストン運動によって女性器に対して、男性のペニスの出入り(ストロークの大きさ)を映すを大切にしています。しかし、現実は、そこまでペニスの出入りを重要視する必要は有りません。ペニスを押し付けるように少ない伸縮でも十分に女性に刺激を与える事が出来ますし、女性にとっては長いストロークよりも短いストロークで、速いテンポで小刻みに腰を動かしたほうが、Gスポットや他の性感帯が刺激されやすく、イキやすくて気持ちがいいですね。

 

 

6.度を越したスパンキング

愛撫の延長でぺちぺちと軽く叩くくらいなら、たいていの女性はそこまで不快には思わないでしょう。問題は、「セックスの最中に、跡がつくほど音を立てて激しくお尻を叩く行為」です。

 

男性の支配欲・征服欲が丸出しのスパンキングを受け入れてくれるのは、やっぱりM気質の女性だけです。せっかくセックスで感じていて、そろそろイケるかも…というタイミングで突然現実に戻されるような痛みを与えられたとしても、基本的には混乱以外の何も生みません。

 

そもそも、お尻を叩く行為と言うのは一般的に折檻の意味を持つことが大半です。「イカせてくれない上に叩いてくるなんて、私何も悪いことしてないのに!最低!」と罵られるのがオチですので、やめておきましょう。

 

7.何のメリットもない顔射

これまでいろいろ挙げてきましたが、顔射ほど、AVにありがち・かつ女性に一切メリットがない行為はないと断言します。「顔にかけて~!」なんて言う女優さんもいますが、あくまでAVとしての画面映えを意識して、台本にあるセリフを言っているにすぎません。

 

さすがに精液が目に入ったくらいで失明はしませんが、目にしみる、髪にこびりついたら取れない、感染症のリスクもゼロではない…などなど、本当に、擁護できるところが全く見つからない行為です。どれだけ好きな男性でも、「顔にかけていい?」なんて聞かれた日には、百年の恋も冷める…それくらい、嫌われるプレイだと覚えておいてください。

 

8.「イく?イった?」としつこく聞く

男性のセックスの終わりが射精ですから、男性にとってイカないセックスというものがほぼ存在しないことはわかっています。ですが、同じように女性もセックスで必ずイクものだ、という思い込みをまず捨ててください。AV女優さんがクライマックスシーンで「イク~~!!」と叫ぶのは、その方がわかりやすく映像として映えるからです!

 

正直に申告したら男性を傷つけるだけと分かっている女性は、「一度もイったことなんてないけど?」という正直な言葉を飲み込んで「わかんない…」「う~ん…笑」なんてはぐらかすのが精一杯です。それか、男性を満足させるために、イクふりをするかですね。パートナーに嘘を吐かせてまで自己満足を貫きたいわけでなければ、イったかどうかを聞くのは我慢したほうが賢明です。

 

 

まとめ

いかがでしたか?見た目にエロいプレイでも、女性を置いてけぼりにしてしまっては、本当に気持ちいセックスはできませんよね。AVを参考にするのはほどほどにして、パートナー女性をしっかり見ながら、相手に合うプレイ・テクニックを探していきましょうね。

 

 

このサイトの管理人

yui
yui
セックス講師の「ゆい」です。女性が心から満足してセックスでイケる為に男性がセックステクニックが上がるための方法を解説しています。

私の配信が、1日に「10000人以上」に見られる大きなメディアとなりました。女性に対して、心から気持ちいと思えるセックスができるように是非読みまくってくださいね!

■ セックステクニックノウハウ記事まとめ



■ 【漫画】で学ぶセックステクニック



■ 誰でも女性と出会う為のたった一つの方法