couple-2206294_960_720

その一言は余計です

セックスをしているときに、女性に対して「前よりプニプニしてる?」「処理できていないワキ毛発見!」などと言うのは言語道断です。日常会話の中で冗談っぽく言うのは、楽しい時間を過ごすための一環でもあるので、お互いに無言でいるよりはよっぽど良いのですが、セックスをしているときに言ってしまえば、女性の盛り上がっている気分を谷底へ突き落とすようなものです。

 

女性は、裸を見られることに対して恥ずかしさがあります。それは、自分の体にコンプレックスがあるからです。そんな自信のない自分の体を少しでも良い風に見せる努力を女性はしています。それなのに、「二の腕がタルンタルン」「さっき変な顔になっていた」などと自信がないところのことを言われてしまうと、その場からすぐにでも立ち去りたいと思ってしまいます。傷口に塩を塗りつけられるようなものです。

 

彼女のことを大切に思い、関係を続けていきたいのであれば、そのようなことは裸になっているときに言うのではなく、普段の会話の中で、冗談っぽく言ってあげるようにしてください。そうすれば、言われたところを優先的に改善する努力をしてくれます。

 

また、セックスをしているときに男性が言ってしまうのが、女性のセックステクニックに関しての不満です。女性が上手だとうれしいのは、フェラチオではないでしょうか。しかし、女性を気持ち良くさせるためのテクニックについて書籍やウェブでの情報を元に勉強をしている男性は多いと思いますが、男性を気持ち良くさせるテクニックを勉強している女性はあまりいません。今までのセックスをしてきた男性から教えてもらうか自分の経験則の中で得たテクニックしかありません。

 

ですから、セックスの経験が少なかったり、今までの相手の男性があまり積極的ではなかったりすれば、未熟なテクニックしかありません。フェラチオに関して言えば、歯が何度も当たって痛いとか、咥えてくれているけどあまり気持ち良くないなどの不満があれば、「痛いな~」とか「もっと強く吸ってくれないと全然気持ち良くない」などと怒り気味で言ってしまう男性がいます。

 

男性を気持ち良くしてあげたいと思い女性がしてくれるのがフェラチオです。女性にとっては、しなくてもいい行為であり、男性のためにしてあげている行為を、下手くそと怒られるとフェラチオが嫌いになってしまいますし、セックスを続けるのも憂鬱に感じてしまいます。

 

なので、フェラチオがあまり上手くない女性には、「もっと気持ち良くなりたいから、強めに吸って欲しい」とか「そこも気持ち良いけど、こっちを舐めてもらうほうがもっと気持ち良くなれる」とか、女性の行為を否定せずに、自分の要望を伝えるようにすれば、きっと女性のフェラチオのテクニックは向上していきます。

 

女性からしたら不満に感じる行為

フェラチオは、男性が何もしなくても気持ち良くなれる最高の行為です。そして、もっと気持ち良くなりたくてついついしてしまいがちな行為があります。それは女性からしたら不満に感じる行為になってしまっています。それは、喉に届くまで男性器を突っ込むことと射精するまで女性の頭をグッと押さえつけることです。

 

より強い快感を求めてついつい男性がしてしまうこれらの行為ですが、女性からしたら迷惑な行為です。考えてもみてください。喉に届くまで口から何かを入れられたらどうですか。当然、苦しいですし悔しくないですか。セックスをするうえでフェラチオをするのは当然という風潮になっていますが、相手の女性のことを少しは考えてあげてください。

 

一方で、男性もフェラチオに対しての不満があります。それは、短い時間しかしてくれないとか先っぽのほうしか舐めてくれないなどです。これは、女性に、「いっぱい舐めてあげたい」「口で射精させてあげたい」と思ってもらう必要があります。男性を喜ばせたいから女性はフェラチオをしてくれるのです。女性からもっと喜ばせてあげたいと思ってもらえるように男磨きが必要です。

 

 

このサイトの管理人

yui
yui
セックス講師の「ゆい」です。女性が心から満足してセックスでイケる為に男性がセックステクニックが上がるための方法を解説しています。

私の配信が、1日に「10000人以上」に見られる大きなメディアとなりました。女性に対して、心から気持ちいと思えるセックスができるように是非読みまくってくださいね!

男性セックステクニック事典