セックス(SEX)テクニックアドバイス管理人:ゆい

女性にとって一生に一度の大切な儀式…それが、処女喪失。処女を捧げられる男性は、百人斬りの猛者でも経験ゼロの童貞でも、同じように責任重大です。

処女とのエッチ・セックスで必ず意識したいポイントとなる行動をランキング形式で発表していきますので、女性にとってたった一度の経験を軽く見ることがないようにしっかり勉強しなおしておきましょう。

 

第5位…ペニスの挿入手順を再確認する

処女喪失に緊張している女性へペニスを挿入するのはとても困難です。男性側も初体験であれば、どのようにすればいいのかわからず初めてのエッチを失敗してしまうことも…処女にペニスを挿入する場合、オススメは膣の位置を確認しやすい正常位。ですが、その前に指を膣の中へ入れてみましょう。

 

これは膣のかたちを把握し、慣らすこともできる一石二鳥の方法ですが、ムリをさせれば痛みを与えてしまいます。手マンをするつもりで指を入れるのではなく、あくまで中を確認する・異物に慣らすというつもりで挿入します。人差し指や中指で痛がられるなら、まずは小指や薬指あたりから。指は上向きにすると膣内の形に添いやすいでしょう。

 

そして、いざ挿入…もちろん、彼女の承諾を得てからにしましょう。このとき、女性は恥ずかしがるでしょうが、膣の位置を確認するためにもしっかりと足を開かせます。そのまま握ったペニスを膣の入り口へ添えて、指で確認した通りの方向へ進むよう、最初はゆっくり慎重に挿入します。

 

ただし処女膜を破る際にまでゆっくりだと、女性に痛みを与える時間が長引くだけになりますので、亀頭が入ったくらいのタイミングからペニスの中ほどまでは、思い切って一気に入れてしまう方が痛くてつらい時間を長引かせずに済みます。

 

挿入したら早く動きたくなるかと思いますが、女性の身体から緊張が抜けるまでは動かないでじっとしているようにしましょう。力が入ったままの時に動けば、また痛がらせてしまいます。優しい言葉がけをして、緊張をほぐすように心がけます。

 

女性の足から力が抜けてきたな、と感じてきたら、少しずつ動き始めます。ペニスをちょっと揺すったりしながら、痛がっていないかを確認して少しずつ動くようにすると良いでしょう。抜けてしまうほど大きく動くのはやめましょう。処女に一度のエッチで2回挿入するのは、「またあの痛みが来る」という恐れを感じさせることにつながってしまいかねません。

 

処女とのセックスで、激しいピストンまでするのは難しい場合もあります。痛がってしまって、入れただけでちっとも動けない、という場合ももちろんあるでしょう。これってセックスか?なんていう不満はあるかもしれませんが、女性にとっては「初めてのセックスでとっても気遣ってくれた」という良い思い出に必ずなります。そうすれば2回目3回目…いやいやもっと何回も、彼女とセックスができるようになります。

 

第4位…可能な限り清潔を保つ

処女に限ったことではありませんが、膣はデリケートです。菌への抵抗力が弱くすぐ炎症を起こしてしまう人や、清潔でない手で触れたことにより尿道感染を起こし膀胱炎を発症する人も少なからずいます。必ず、清潔な手で触れるようにしましょう。どのような環境でセックスをするにしても、性器に直接触れる手だけはできれば石鹸できれいに洗っておくべきです。

 

さらに、爪を短く切ってやすりなどで角が残らないように整えておくと、性器を傷つける可能性もぐんと減るのでベスト。爪が薄く、爪切りについているやすりでは爪が割れてしまう…という場合は、ドラッグストアや100均などで買えるネイルケア用の細かいやすりを使いましょう。

 

清潔にしておくべきなのは、手だけではありません。キスをする以上、口の中にも気を使います。歯磨きが出来ればベストですが、それが難しい場合は水やお茶などを飲んで口の中にタバコの味や食べ物の残りカスなどがなくなるように心がけましょう(タバコの味がするキスが好きな女性も、中にはいますけれどね!)

 

また、血が出ることを想定して、ベッドに大きめのタオルを敷いておくなどしておくと安心です。普段使っているシーツよりも洗い立てのバスタオルの方が間違いなく清潔ですし、汚れたシーツをこっそり洗うのは大変でも、バスタオルなら何とかなります。逆に言えば、タオルも敷けないような場所、例えば野外などでの初体験は避けるべきです。

 

処女とのエッチって、実家の自室で…という場合が大半だと思いますので、現実的にできそうなことを並べてみました。二人でお風呂、またはシャワーを浴びて身体を綺麗にしてから初めてのセックスに挑むことが出来れば、清潔を保つ意味でも、スキンシップという意味でも、本当は一番いいんですけれどね。

 

第3位…処女のカラダを熟知する

初めてのセックスは女性にとって痛いものと相場が決まっていますが、その痛みをある程度軽減させることは可能です。とはいっても、処女膜の形状や厚さ・硬さといった先天的な要因でその程度は大きく変わってきます。それを踏まえて、正しい知識を持ってテクを発揮することが、男性にできる唯一にして最大の手段と言えるでしょう。

 

処女喪失=処女膜を破る、というイメージがありますがこれは正確ではなく、実は膜をペニスの挿入によって裂いているのが実情です。この処女膜は先ほどお話ししたように個人差が大きく、処女喪失によって出血するかどうかも千差万別。オナニーや運動などによって、すでに処女膜が損傷していることさえありますし、充分に濡れた膣へ正しくペニスを挿入することが出来れば、出血がほんのわずかで済むこともあります。

 

ですので、「出血がないから・少ないから処女じゃないのかも?」なんて疑うのは本当にナンセンスですし、もし口にしようものなら女性をとっても傷つけてしまいます。絶対にやめましょう。ガチガチに緊張した状態では、感じることも難しいもの。処女とのセックスではハードなディープキスや、胸・性器を弄るところから始めるよりも、触れるだけのキスや緊張がほぐれるような優しいタッチから始めると効果的です。

 

また、処女は緊張から濡れにくいことが多いですから、時間をかけてゆっくり愛撫をしてあげることが必要になります。強いタッチよりも、やさしく繊細に触れてあげるほうが感じやすいです。触れるか触れないかのタッチで、最初は衣服や下着越しでの刺激からスタートするくらいでちょうどいいくらい。それでも濡れないことももちんありますので、事前にローションを用意しておくと安心です。

 

愛液が充分に分泌したとしても、ピストンを繰り返せば摩擦のせいで乾いてしまうこともあります。ローションは愛液よりも潤いとぬめりが長く続きますから、使うことで処女喪失の違和感と痛みを減らしてあげることが出来ます。セックスは怖くないものだとカラダに教えることが出来れば、2度目3度目のセックスでは、痛みを感じずに楽しめるでしょう。

 

【合わせて読みたい】

 

第2位…処女のココロをフォローする

色々と述べてきましたが、処女とセックスする時に何よりも大切にしなければならないのは、処女喪失に臨む女性のココロです。言ってしまえば、処女喪失の主役は男性ではなく女性のほう。全く未知の経験をあなたに任せてもいいと決めた彼女へ、しっかりと応えてあげましょう。

 

先ほどまでも色々と述べてきましたが、すべてこの項目に繋がってきます。痛くないように正しくペニスを入れる方法を確認するのも、清潔な身体や環境でセックスをするのも、処女のカラダを知っておくのも、すべて処女のココロを安心させるためです。勢い任せにコトに及ぼうとせず、処女とのセックスについてしっかり調べているあなたは、処女のココロにまず一歩、寄り添うことが出来ていますよ。

 

セックスのイロハを知りたければ童貞でも簡単にネットで調べられる世の中ですが、調べたその方法があなたの彼女にピッタリ合う保証はどこにもありません。「アソコが濡れなければクンニで濡らせ」と書いてあったって、彼女がそれを拒むのであればしなくていいんです。

 

処女の女性が感じるには、ココロへのアプローチが、カラダへの十分な刺激と同じくらいか、それよりもずっと大切です。童貞は捨てるものですが、処女は捧げるものです。あなたが捧げられるものは、彼女にとって一番大切なもの。それを受け取れることの感動と喜びを、言葉と行動で充分に表現してあげてください。

 

大好きな相手をよく見て、してほしいことと嫌がっていることを見極めながら、足踏みをしながらでも少しずつステップアップしていけばOK。「かわいいね」「がんばったね」「ありがとう」などなど…セックスの最中だけでなく、終わった後も優しい言葉がけと行動で女性をいたわって、ココロまで抱いてあげてください。思いやりを大切に、女性にとって人生で一度の、初めてのセックスに挑んでくださいね。

 

第1位…コンドームを必ず着用する

当然のエチケットとして守ってほしいコンドームの着用が、処女とのセックスで意識したい行動の第1位です。なぜなら、女性にとって初めての・たった一度のセックスで妊娠してしまう可能性が充分にあるからです。妊娠の不安があっては、女性は感じるところではなくなってしまいます。つまりこれも、「処女のココロをフォローする」行動の一環なわけです。

 

コンドームの避妊失敗率は3~14%と確実ではありませんが、それでもオトコが積極的に出来る避妊方法はこれしかありません。なので、なるべく確実に避妊できるように正しいつけ方を習得しておきましょう。経験がない、あるいは初めてでコンドームのつけ方がわからないまま処女とのセックスに臨むようなことはやめましょう。

 

自信がないなら、オナニーの時、完全な勃起状態からコンドームをつける練習をしてみましょう。説明書をよく読めばわかると思いますが、コンドームには裏と表がありますので注意。裏表を間違えて、我慢汁の出たペニスにコンドームのオモテ面をべったりくっつけてから慌ててひっくり返して装着…なんていう失敗をすると、せっかくの避妊も無意味なものになってしまいます。

 

装着するタイミングは必ず!女性の膣口にペニスを当てる前です。そして外すタイミングは、射精後可能な限りすぐ。ペニスの根元をコンドームごと押さえて抜くことで、膣の中にコンドームが残ってしまった…なんていう事故を防ぐことが出来ます。

 

コンドームのオモテ面にはジェルがついていることが多いですから、女性が挿入時に感じる痛みを軽減する手助けにもなりますよ。

 

以上、ランキング形式にはしましたが、処女とのセックスにはすべて必要なことばかりです。女性から処女を捧げられる男性諸氏はぜひこれらのことをしっかり守って、素敵な初体験という思い出を彼女に与えてあげてくださいね。

 

 

このサイトの管理人

yui
yui
セックス講師の「ゆい」です。女性が心から満足してセックスでイケる為に男性がセックステクニックが上がるための方法を解説しています。

私の配信が、1日に「10000人以上」に見られる大きなメディアとなりました。女性に対して、心から気持ちいと思えるセックスができるように是非読みまくってくださいね!

■ セックステクニックノウハウ記事まとめ



■ 【漫画】で学ぶセックステクニック



■ 誰でも女性と出会う為のたった一つの方法