触れるだけのキスは簡単でも、ディープキスは難しい女性が本当に喜んでいるかどうかわからないそんな不安、ありませんか?エロいベロチューで女性をソノ気にさせて、ホテルや家に連れ込みたい!と思って仕掛けても、イマイチ乗ってきてくれなかったり

 

そんな経験をお持ちの男性諸氏に、今回はディープキスのテクニックを伝授します。女性が、「この人とならエッチしてもいい」と思ってくれるような濃厚でエッチなディープキスのやり方を、ぜひ身につけましょう。

 

女性が溶けちゃう上手なディープキス・3つのポイント

ディープキスは、舌と舌を絡ませるものです。と言うと「当たり前~」という声が聞こえてきそうですが、その舌の絡ませかたにポイントがあるのです。舌先を尖らせて突っ込んでレロレログリグリでは、舌と舌を絡ませているというより、「突っ込まれた何かを受け止めている」という感覚になってしまい、粘膜同士を合わせる気持ちよさを感じることはできません。

 

こういうディープキスをされても、セックスがしたい!とは、まず思えません。「一緒に気持ちよくなろうって思ってくれないんだな~」と、評価がマイナスに振れていくばかりです。

 

そもそも、キスは前戯としてとっても重要です。舌の神経が刺激されることにより満足感を得ることが出来、同時にオキシトシンという通称「幸せホルモン」が分泌されることでストレスを和らげて多幸感が得られます。女性は、セックスに性欲処理よりも安心感や愛情を求めているわけですから、「こういうキスをする人はきっと大切に抱いてくれる」と、期待感も与えることが出来るでしょう。

 

では、そのためにはどうしたらいいんでしょうか?実は次の3つのポイントを意識すれば、ソノ気になれないイマイチディープキスを脱することが出来ちゃいます。

 

舌の力を抜く

粘膜を合わせることを意識するには、まず女性の口の中にある舌と同じ柔らかさを意識することが大切です。先ほどもお話ししましたが、突然硬い舌を突っ込まれてグニグニされても、女性はいきなり気持ちよくなれるわけではありません。膣だって、準備が出来ていないままペニスを入れられても気持ちよく感じられるわけではありませんしね。

 

ただ、ペニスは固くなっている必要がありますが、ディープキスの醍醐味は、柔らかい舌やくちびるを互いに感じ合うところです。ここが、大きな違い。AVでキスシーンを飛ばしてしまうタイプのあなたも、一度「どんなキスがエロく見えるのか」を研究してみましょう。きっと、柔らかいままの舌を擦り付けたり、唇を挟んでしごいたりしているのではないでしょうか?

 

また、ディープキスにお互いが慣れていないと、頑張って舌を絡ませようとピンと舌を伸ばしてしまう傾向があり、結果的に先がとがって固くなった舌を口の中に入れてしまうという失敗をしがちです。舌を伸ばすのはほどほどにして、まずは可能な限り、舌の力を抜くことを意識しましょう。

 

口内にある性感帯を意識する

口の中にも性感帯があるって知ってましたか?それも、3か所。これを上手に責めることで、ディープキスをもっと気持ちよくすることが出来ちゃいます。

キスで一番最初に触れる唇も、立派な性感帯です。唇には感覚神経が集まっているため、とっても敏感なんです。上唇や下唇に、ゆっくり舌を這わせてみましょう。幾度か往復するうちに、少しずつ気持ちよくなっていきます。唇で挟むのもイイかも。

上あご

ピンとこない方は、一度自分の舌で上あごを舐めてみてください。比較的手前のざらざらしたところを舐めると、くすぐったいような気持ちいいような感じがすると思います。そこです!唾液腺の神経が集まっていて、ここも感覚神経の集まっている大事なスポット。刺激を受けることで、気持ちよさを感じます。

舌の裏側

血管が通っているあたりに、神経が集中しています。ここも責めどころ。舌の裏側を責めるメリットは、唾液腺の刺激になる=唾液をたくさん分泌させることが出来る、という点につきます。唾液がこぼれるほどエッチなキスをしているという視覚的効果は、なかなかのものですよ。また、唾液が溜まることで音も派手になりますから、視覚だけでなく、聴覚からもエロさを演出することが出来て一石二鳥です。

 

ワンパターンに陥らない:ディープキス・七変化

愛撫でも同じですが、女性をソノ気にさせるために大切なのは意外性で焦らすことです。同じ動きの繰り返しを5分も10分も続けていては、興奮するより先に慣れてしまいますから、「え、こんなこともするんだ?」と新鮮な驚きをたびたび与えられるようなキスをしましょう。上に挙げた性感帯をランダムに刺激するようにするだけでも、ワンパターン回避にはなりますよ。

 

それでも、何度もセックスをするようになればワンパターンになっていってしまうこともあるかと思います。ですから、そもそものキスのパターンをいくつかご紹介していきましょう。きっと、女性も驚いてドキドキして、セックスがしたくなるようになりますよ。

相手の唇をかぷり!バインドキス

女性の唇を挟んでくわえてしまうように触れ合わせて、下唇を舐め合ったり、顔を左右に振ってみたりします。終わりのサインはライトキス。「今やったことをやり返してみて?」なんてアプローチで、相手の女性をエッチなムードに誘い込みましょう。口の周りを唾液でベタベタにしないように気を付けましょう。お互いの気持ちが高まってきた頃に仕掛けると、より効果的ですよ。

 

王道!インサートキス

実際に、相手の口の中へ舌を入れる方法です。なるべく口内の空間をなくすように、舌と舌を密着させて動かし合います。もちろん、舌は尖らせずにできるだけ力を抜いて、柔らかい状態が望ましいです。

自分の舌ばかりを入れるのではなく、お互いのターンを尊重し合うことを意識しましょう。ず~っと男性から舌を突っ込まれっぱなしでは、「なんか自分勝手そうでイヤかも」という印象を与えてしまいます。

舌を優しく吸ってオブラートキス

相手に少し出してもらった舌を、口で軽く吸い込むキスです。これもインサートキスと同じく、口の中の空間をなくすように心がけましょう。丸出しのガツガツした性欲ではなく、優しく包み込むようなキスをすることで、包容力をアピールしていきましょう。舌の出し入れを楽しむというよりも、お互いの呼吸を合わせるように優しくエスコートをしてあげましょう。

インサートキスの次にサーチングキス

これはインサートキスの延長のようなキスになります。お互いの舌を添わせることに慣れてきた頃に、歯茎を舌先でゆっくりなぞるように舐めていきます。丁寧にすればするほど、女性は「大事にされてる」と感じますから、焦らず急がず、ゆっくりと舐めていきましょう。目を閉じると、感覚がより鋭くなって性感を得やすくなりますよ。

マンネリ打破に!カクテルキス

唇を開いたままで相手の唇を吸ったり、舌を甘噛みしたりします。他のキスを何度か繰り返し、リラックスしたころに取り入れるのがおすすめです。カクテルキスに重要なのは焦らしですから、何度も唇だけを吸って、突然舌をやわらかく噛む!などの変化球で攻めていきましょう。いっぱい焦らして刺激を与えることで、女性は先を望むようになります。

視覚的にも刺激をピクニックキス

唇を合わせず、お互いの舌先だけを出して舐め合うキスです。視覚的にもエロさが際立つキスなので、つおい興奮して舌先を尖らせてしまいがちなので気を付けましょう。舌のやわらかさをお互いに楽しみながら、女性の緊張をほぐすためにエスカレートするディープキスの中盤に取り入れて楽しみましょう。

激しくディープにクロスキス

何種類もキスをして、お互いがすっかり興奮してきた頃に、仕上げとして取り入れるのをオススメします。羞恥心や理性が残っていると、ここで女性は引いてしまいかねません。唇を離さずに、密着させたままでキスをします。口の中で舌を甘噛みしたり、吸ったり、性感帯を刺激して回ったり何をしてもOKなのがこのクロスキス。口の中に空気が残らないくらい、密着してしまいましょう。

 

ただ、女性が鼻で息が出来ないと苦しい思いをさせてしまいますので、それまでのキスで「キスの最中に鼻で息が出来ているか」をそれとなくチェックしておきましょう。インサートキス、サーチングキスあたりがおすすめです。

 

女性をドン引きさせないためのディープキス三か条

せっかくディープキスに持ち込めても、女性をソノ気にさせることができなければ意味がありませんよね。女性にとってのNGを、ぜひ知っておいてください。

ドン引きディープキス①口が臭い

言うまでもありませんが、キスをするのにマウスケアが出来ていないのはさすがに勘弁してほしいところです。あんまりにも口臭がひどい場合、百年の恋も冷めてしまうかもときめくためのキスなのに、ニオイに耐えながらではときめくどころではありません。

 

ドン引きディープキス②突然激しすぎる!

唇を合わせ、舌が入ってすぐに口の中をぐちゃぐちゃこね回すようにせわしなく動き回られてしまうと、幻滅してしまいます。ディープキス=激しいキスではありません。最初はゆっくりとした動きで気持ちを高めていき、お互いの気持ちが盛り上がって、ようやく初めて激しくすることができるものです。

 

ドン引きディープキス③セックスのためのキスなのがバレバレ!

いくらディープキスが前戯の一部だとしても、「セックスしたいからキスしたんだな」ということがバレバレだと、女性はソノ気にはなれません。好意があるからキスをした、キスをしたら気持ちが高まってセックスに至ったという流れを絶対に作るようにしましょう。女性にとって、キスはあくまで好意を伝えるものであって、セックスのためのきっかけではないことを心にしっかり刻んでおきましょう。

 

いかがでしたか?長い付き合いでフランクにセックスを誘い合える仲ならともかく、ディープキスを仕掛ける段階でヤル気満々の女性はあまりいませんよね。ですから、「キスで絶対ソノ気にさせる!」というつもりで、手を抜かずに優しく愛をこめたエロ~いディープキス、頑張ってくださいね。

 

 

このサイトの管理人

yui
yui
セックス講師の「ゆい」です。女性が心から満足してセックスでイケる為に男性がセックステクニックが上がるための方法を解説しています。

私の配信が、1日に「10000人以上」に見られる大きなメディアとなりました。女性に対して、心から気持ちいと思えるセックスができるように是非読みまくってくださいね!

■ セックステクニックノウハウ記事まとめ



■ 【漫画】で学ぶセックステクニック