セックス(SEX)テクニックアドバイス管理人:ゆい

女性のおっぱいには無限の可能性が秘めていますので、是非探求心を持って愛撫をして下さいね!

40 鶯の谷渡り

女性の性感帯というと耳や乳首、クリトリス、Gスポットなどが挙げられますが、なかでも女性をイカせるときにもっとも攻められるのがクリトリスやGスポットになります。

 

実際、指、舌、ペニスを使ってクリトリスやGスポットを攻めて女性をイカせている男性も多いでしょうし、女性がオナニーでイクときもクリトリスを攻めてイクという女性が多くいます。

 

では、乳首を攻めて女性をイカせられるといわれたらどう思うでしょうか。そんなことあり得ないという方が大勢を占めると思います。乳首というと性感帯ではあるけどオーガズムを迎える場所とは思っていない方がほとんどだと思います。今回は、乳首を攻めてイカせる方法を紹介します。

 

乳首の感じ方は人によって違う

WS001173

女性の中でも乳首への刺激に過度に反応する方がいれば、反応が良くないという方がいらっしゃいます。乳首の感じ方は人によって違ってきますし、触るシチュエーションによっても変わってきます。

 

たとえば、セックスの時に乳首を触られて感じている女性でもデート中突然乳首を触られて感じることはあまりありません。これは女性の感じ方のプロセスが関係しています。

 

女性が感じるプロセスとは

女性は、一般的に脳で感じているといわれています。キスをして濡れるといわれるのはそのためで、キスをすることで感じているわけではなく、キスをしているとイメージし、キスのその先をイメージしているから濡れるということです。

 

乳首も同様で、乳首を触られることに感じているというよりも乳首を触られるシチュエーションや触られ方などで性的なイメージが広がり感じています。だから、デート中に突然触っても感じることはなくむしろ痛みや恥ずかしさから拒否反応を起こすことになります。

 

実際に乳首でイってしまう女性もいますね↓

 

中イキだけがセックスじゃない

男性は中イキを求めすぎてしまう傾向があります。たしかに、セックスで中イキさせられると男性としては誇らしいと思いますが、あまりに固執しすぎてしまうと落ち込んだり、自分本位なセックスになってしまいます。

 

男性は女性を気持ちよくさせることが大事ですし、女性は男性を気持ちよくさせることが大事。その方法は、中イキだけではありません。前戯にしっかり時間をかけることも、キスをして雰囲気を作ることも、クリトリスやGスポットでイカせることも大事です。

 

さらに、女性もあまり経験がないであろう乳首でもイカせられればそれだけでも女性の体を開発したことになり、その感覚が忘れられない女性は男性から離れられなくなります。

 

乳首の攻め方のポイント6つ

40 鶯の谷渡り

普段のセックスでも攻めている乳首なのであらためてお話することでもないのですが、今回の目的は乳首を攻めてイカせることにあるのでその目的を達成できるための乳首の攻め方を考えてみたいと思います。ポイントは6つです。

 

おっぱい・胸の性感帯を愛撫する

おっぱいには、性感帯がいくつか存在します。多くの男性が知っているのが、乳首かと思いますが、乳首だけではないのです。むしろ、乳首だけではなく違った性感帯を開発してあげることで、乳首並みに感じさせる事だって出来てしまうのです。なので、乳首だけではなく、「スペンス乳腺」「アンダーバスト」等、いろんな性感帯を愛撫し続けてあげましょう。

 

おっぱいの性感帯を図解にてまとめました↓

 

手を温める

想像してほしいのですが、瞬間的なひんやりした感覚はペニスに刺激となりますが、ずっと冷たい手でペニスを触られると体が固まってしまうのではないでしょうか。女性の乳首を触るときも同様で冷たい手で触ってしまうと、冷たいという感覚が性的な感度に勝ってしまうので感じることはありません。

 

女性に比べて男性の手は比較的暖かいと思いますが、冬場など冷たい空気にさらされていると手も冷たくなってしまいます。そんなときは一緒にシャワーやお風呂に入るのをおすすめします。お湯にふれることで手を温められるうえに裸でスキンシップをはかれるので性的感度を高められます。

 

ちなみに体の構造上でも手を温めることは重要だといわれていて、乳首の感度を高めるパチニ小体という神経は、温められると感度化がアップするのが特徴です。このことからも手を温めておくことは必要最低限の準備です。

 

強弱をつける

普段のセックスの時に乳首を触っていると思いますが、どんなふうに触っているか思い出せますか?言い方を変えると女性の反応を見ながら触っていますか?ペニスの触り方も同じ触り方では感度も薄れてきます。乳首も同様に触り方に強弱をつけることで感度を持続させなければなりません。

 

強弱をつけるにしても触り方が同じではやはり単調になってしまいます。そこで触り方も何通りか用意しておく必要があります。「つまむ」「はさむ」「引っ張る」「押す」「ひねる」というのがオーソドックスな触り方なので、これらをローテーションで強弱をつければレパートリーはかなり増えます。

 

強さはどのくらい?という疑問を持たれるでしょうが、それこそ女性の反応を見てということになります。感じているのか、感じ始めなのか、飽きてきているのか。反応をつかんでいるなら、飽きているなと感じたら強めに刺激し、感じているなら長めに続け、感じ始めているなら弱めにという具合に使い分けます。

 

強弱といってもただ強くしたり弱くしたりするだけではなく、女性の反応に応じて強さも触り方も変えてあげると女性は脳内で勝手に気持ちいいとイメージしてくれて感度を高めて、オーガズムに進んでくれます。

 

軽くひねる

ひねるという触り方を経験する女性は少ないようです。そのため、ひねられると最初はびっくりしますが、その感覚に酔い、女性のほうから求めてきます。ただし、多用は禁物です。あくまでも乳首への愛撫のアクセントなので多用してしまうと効果が薄れてきます。

 

ひねるときに女性の顔を見ながらひねってみましょう。理由は、ちょっとSMチックな雰囲気を作るため。痛いのや汚いのは皆さん嫌いですが、ソフトSMには興味があるもの。その好奇心をくすぐってあげるということです。多用しないといった意味が分かっていただけたと思います。

 

先端を掻くように

乳房全体や乳首の横の部分は皆さん攻めていると思いますが、先端部分を意識して攻めている方はそう多くないのではないでしょうか。攻め方はシンプルで指先で先端を掻いてあげるだけ。爪でこちょこちょという感じに掻くと効果的です。

 

女性は、くすぐったくもあり、気持ちよくもありという何とも言えない感覚に見舞われるそうです。こちらもひねるのと同じで多用は禁物です。ひねるのとあわせてちょっと意地悪っぽく顔を見ながらするとSMっぽさが出て効果的です。

 

リラックスさせる

前述の通り女性は脳で感じるので、その準備が必要となります。最も大切なことは女性をリラックスさせること。緊張を抱えた状態では、乳首が感じることはおろか脳内で性的なイメージすらできません。

 

リラックスさせるといっても女性を「その気」にさせるという意味なので、女性の気分も高まっているならリラックスさせる必要がないということです。女性をリラックスさせる方法で最も効果的なのは、キスをすること。それもデート中のちょっとした瞬間にすると効果は高まります。

 

乳首を攻めるときの注意点

女性をイカせられるほど敏感ということは、触り方が強すぎると痛みを伴うということです。ましてや「その気」になっていない女性にいきなり強く触ってしまうともはや苦痛でしかありません。逆に乳首が感じにくい女性に軽く触ってしまうとくすぐったいだけで感じることはできません。

 

女性とセックスする前に乳首がどのくらいの力で感じるのかが分かればいいのですが、それは難しい話。そうなると大事なことは女性の反応をしっかり見て、その反応に合わせて乳首を攻めていかなければなりません。

 

乳首が感じない女性の対処法

意外にも乳首が感じない女性がいます。舐められるのも触られるのも嫌という女性です。そんなときはあきらめるのもひとつですが、もし、女性も克服したいと考えているなら、男性も一緒に取り組んでみてください。

 

乳首が感じない女性には、触られても感じない場合と触られるとくすぐったいと感じる場合があります。そのどちらも克服方法は同じで、「感じない→感じる」「くすぐったい→感じる」という思考にする必要があります。

 

具体的には、常に女性の乳首を触ること。前戯はもちろんですが、セックス中も、もっと言うと何もしていないときでも。肝心なのは、触られることに慣れるということです。ただ、そう簡単にはいかないので、愛撫やセックスのときは、クリトリスと同時に触るなど女性が感じる場所を同時に触るようにしましょう。

 

おもちゃを使うという方法もありますが、感度をあげるという面では効果的ですが、おもちゃでしか感じられなくなるという結果も招くので注意してください。

 

 

乳首を感じやすくする方法

ここまで、乳首で感じさせるには、女性をリラックスさせることが大事という話をしました。さらに感度を高める方法もお話しましたので、ここではいつでも乳首を目いっぱい感じさせられる方法を紹介します。

 

ところで、セックスのときに乳首が感じる女性でも感じないときがあるという話をしましたが、その気になっても感じないときがあるなど、その日の体調に左右される繊細な部分も持ちあわせています。ここでは、体調に左右されず感度を高められる方法を紹介します。

 

焦らすことが大事

直接いきなり乳首を攻めるのではなく、首筋や脇、乳房から攻めて最後に乳首を攻めていきます。特に有効なのが、乳房と脇の境界線あたりにある「スペンス乳腺尾部」で、胸のGスポットともいわれる場所です。この「スペンス乳腺尾部」を攻めながら徐々に乳首を攻めていって感度を高めます。

 

ちょっとした演出をしてみる

後ろ手に縛ってみるとかアイマスクをしてみるなどいつものセックスと違うシチュエーションを作ってみましょう。特に視覚を奪うアイマスクは、見えない分感度が最大限高まるので感じない女性にも効果的な方法です。

 

適度な刺激が効果絶大

めいっぱい焦らしたあとに乳首を舌で攻めますが、このとき女性の感度はかなり高ぶっているのでいきなり乳首を舐めましょう。そのときおすすめなのが甘噛み。きゅっと噛むことで感度のアクセントにもなり効果絶大です。

 

女性にも協力してもらう

乳首でイカせることだけではありませんが、女性としっかり話をして女性にも協力してもらうのもひとつです。その方法は、女性がオナニーするときにクリトリスだけではなく乳首も触るようにしてもらうこと。

 

オナニーをし慣れた女性は、乳首や足などクリトリス以外の部位も攻めることで感度を高め最終的にクリトリスを刺激してオーガズムを迎えます。相手の女性にも同様にクリトリス以外の部位も刺激してもらうということです。

 

女性用AVを見て研究する

テクニックは経験して磨かれますが、見て覚えることも大事。そういうときはAVを見て研究してみるといいでしょう。男優によって触り方は違いますし、女性の胸の大きさによっても触り方は違います。それに通常のAVよりも女性用AV動画の方が女性が望むテクニックで映されている事が多いです。

 

指の使い方や舌の動かし方、乳首を攻めるまでの順序など参考になるところは多々あります。ただし、あくまでもAVなので演出も入っています。同じようにすれば女性が感じるという甘い考えは持たないように。

 

ちょっとやりすぎな感はありますが、イメトレをしてみるのもひとつです。そのときは、セックス前の前戯からではなく、デート中のスキンシップも考えておくといいでしょう。何度も言うように女性を感じさせるためには脳内でイメージさせることです。

 

デート中に「あ、この人に抱かれてもいいかも」と思わせれば女性をイカせることが身近になりますし、思わせられないとセックスまで行けない可能性も出てきます。

 

乳首でイカせるには女性のペースに合わせることも大事

乳首でイカせようと男性がいろいろと策を練るのはいいことですが、イカせることだけに集中しすぎてしまうと女性の気持ちを無視することにもなります。冒頭で話した通り女性に気持ちよくなってもらうことが大事なことなので基本的には女性のペースで進めるとうまくいきます。

 

乳首より感じることが出来る性感帯であるクリトリスでイカせる方法について詳しく書いてます↓

 

PS.乳首陥没している女性の対処法

そう多くはないのですが、乳首が陥没している女性がいます。陥没乳首にも常に陥没している場合と普段は陥没しているけど感じてくると出てくる乳首があります。陥没乳首の女性は一般的には感じにくいといわれています。

 

そのため、どうしても乳首が出てこない場合は、乳首をイカせることを諦めるという選択も必要です。さらに、もうひとつ大事なことは、陥没していることを口に出さないということ。陥没乳首の女性は、そのことをとても気にしています。

 

女性から話題にしたときは、「ありがとう。それでも好きだよ」など女性の告白に感謝するとともに気にしないことをしっかり伝えてあげましょう。あいまいに伝えてしまうと誤解を生むのでご注意を。

 

 

このサイトの管理人

yui
yui
セックス講師の「ゆい」です。女性が心から満足してセックスでイケる為に男性がセックステクニックが上がるための方法を解説しています。

私の配信が、1日に「10000人以上」に見られる大きなメディアとなりました。女性に対して、心から気持ちいと思えるセックスができるように是非読みまくってくださいね!

■ セックステクニックノウハウ記事まとめ



■ 【漫画】で学ぶセックステクニック