セックス(SEX)テクニックアドバイス管理人:ゆい

バイブの気持ちよさを女性が体感したら、またやりたいって思ってくれますよ!

アダルトグッズは、女性とエッチする時に使ったことが無い人もいますが、エッチでマンネリ化対策の為だったり、どうしても自力の愛撫では与える事が出来ない刺激を女性に与える事ができます。

 

一般的に大人のおもちゃとして、バイブと言われているのは、膣内に挿入が可能で、振動機能、ピストン機能が付いているアダルトグッズを指します。

 

ただ、バイブの使い方だったり、バイブの種類によっては、女性にとって逆効果になってしまう事も有りますので注意が必要です。では、エッチの時にバイブを使って女性を確実にイカせる方法についてお話しをしていきます。

 

バイブを使う際の2つの注意点

女性の耐性・抵抗感

アダルトグッズはAVでも良く使われているツールの一つですし、男性が使いたいと思うのは、結構自然な事です。しかし、女性にとっては、アダルトグッズについてあまり耐性が無い女性もいます。

 

それに、ローター等とは違い、自分の膣内に挿入するバイブに関しては、それを使うって聞くだけで恐怖をしてしまう方もいます。なので、しっかりと事前にアダルトグッズを使う事を伝え、「もし少しでも痛みが有るようなら止めるから」と事前に安心感を与える必要が有ります。

 

もちろん、女性によっては既に使ったことがある方、むしろ興味があって使って見たかった方もいるのでその場合には、使う事自体は問題無いですね。ただ、そんな方でも男性がバイブ選びを間違ってしまっていては、

 

バイブ選びの重要性

バイブを選ぶ際に、大切になってくるのが、

  • 形・タイプ
  • 大きさ
  • 性能・音
  • 見た目

になります。

 

この4つを守っていれば、ある程度、女性がイク為に感じる事が出来るバイブ選ぶが出来ますよ。では、一つずつお話しをしていきます。

 

形・タイプ

バイブと一概に言っても、色々な形のタイプが有ります。クリトリスと膣内挿入が同時に出来る2点バイブ。アナル挿入も追加された3点バイブ。そして、挿入のみの1点バイブですね。

 

バイブにも形があり、深く奥に入れる為のまっすぐに伸びたストレートバイブ。Gスポットに刺激を与える為に上部に曲がったバイブ等ですね。

 

どれを選べばいいのかと言えば、女性によってです。もし、女性が、膣内だけで感じる事が出来ていない、またはイク事が出来ないのでしたら、クリトリスバイブが付いていて、クリも同時に刺激出来る2点バイブが良いですね。

 

もし、膣内Gスポットでイク事ができ、感じる事が出来るのでしたら、1点バイブ、2点バイブのどちらでも感じる事が出来ます。もし、アナル自体も刺激を求めているのでしたら、3点バイブですね。無難なのがやはり2点バイブなのは間違い無いです。

 

大きさ

大きさと書きましたが、実はそこまでイクのに大きさは重要ではないのです。では何故大きさについても記載したかと言えば、男性が選ぶ場合には、女性がある程度の大きさの方が感じることが出来る場合にも、出来るだけ男性自身のペニスの大きさよりも大きい物は選択しない方が無難です。

 

と言うのも、なによりもセックスの時に、自分のペニスで女性が感じにくくなってしまうからです。大きさは極端に小さくなければ、しっかりとポイントに当てる事ができて、オーガズムを迎える事が出来ます。

 

なので、自身のセックスに影響を与えてしまう刺激は避けた方がいいですよね。

 

性能・音

バイブによって、振動の強さだったり、振動のパターン、動き方が変わってきます。普通に動かす分には、動いていたとしても、バイブでも性能が悪ければ、膣内に挿入すると振動がかなり弱くなってしまうバイブもたくさんあります。

 

なので、膣圧にも負けない振動力だったり、様々な振動パターンがある物の方が良いですね。安っちい物を購入してしまうと後に後悔するものも結構ありますね。

 

また、バイブによって振動する時の音の大きさもかなり違ってきます。静音性が優れている物を選んだ方が、アパート暮らしだったりする場合は、女性にとっては「周りの人に聞こえないか」等、快感に集中が出来ない事も有りますので、自身の環境によってそこも重要視した方が良いです。

 

見た目

見た目なんて、関係ないだろと思われがちですが、実はこれも結構大切なポイントです。男性側からしてみれば、見た目なんて関係なし、より生々しい方が興奮する方も多いかと思います。

 

しかし、女性にとっては、先ほどお話しした、耐性、抵抗感もある方もいますので、よりアダルトグッズぽさがある事で、抵抗感が強まってしまう場合も有ります。今のアダルトグッズのバイブは色んな種類が販売しており、とても見た目がキュートな物もたくさんあります。

 

なので、アダルトグッズに抵抗感を持っている女性には、そういった物を使ってあげた方が良いですね。「使いたくない!」と言ったとしても、「まって、こんなに可愛い物もあるんだよ!」と可愛いらしさで女性を惹くことも出来ますね!

 

バイブを使って女性をイカせる為の3つの方法

バイブを使うタイミング

正しいバイブ選びによって、女性も受け入れたのでしたら、後は、セックスでバイブを使ってあげるのみとなります。しかし、使い方によっては、全く女性を感じさせることが出来ず、イカす事も出来ません。

 

セックスにて、女性は特に自身の気持ち、雰囲気だったり、環境によって感じ方が変わってきます。つまり、脳が性的興奮をしっかり感じている状態でバイブを使う事が望ましいのです。

 

なので、いきなり前戯もせず「バイブ使っていくよ」と突っ込まれても、感じる事は難しいのです。そうではなく、しっかりと前戯を行い、感じる事が出来る状態を作った上で、バイブを使ってあげる事が大切なのです。

 

しっかりと膣内が濡れていたとしても、ローション等を使ってより滑りをよくして挿入するようにしましょう。

 

バイブでポイントを刺激する

バイブで刺激をする場合に、適当に女性の膣内にバイブを突っ込んであげるだけでは、意味が有りません。しっかりと膣内の中でも性感帯である場所に、バイブ部分を当ててあげましょう。

 

Gスポット部分にあてる、ポルチオ部分に当てると、女性が感じやすい反応をみて、当てる箇所をさだめるようにしましょう。

 

また、クリトリス部分のバイブも付いているのでしたら、クリトリスの上部に当てるのが良いのか、先端部分に当てる方が良いのか等、女性の反応を見つつ行いましょう。これだけでも、感度が変わってきます。

 

バイブを当てる強さ・やり方

バイブを性感帯に当てる場合にも、AVでは激しく出し入れをしたりする事で男性もバイブを女性の膣内に挿入して激しくピストン運動を行う男性がいます。しかし、これは、女性にとってはあまり気持ちのいい行為ではなく、濡れが少しでもなくなれば、かなりの痛みに変わってしまいます。

 

そうではなく、バイブ自体の振動も有りますので、優しくゆっくりと性感帯に圧を掛けてあげる感覚で刺激をして上げましょう。そして、急激に速度を変えたり、するのではなく、一定のペースで刺激を続けてあげる事で、女性はよりオーガズムを迎えやすくなりますよ。

 

まとめ

アダルトグッズを使って、女性を気持ちよく感じさせてあげようと思っても、最初に失敗をしてしまえば、抵抗感も高まり、拒絶反応をされてしまいます。なので、ここでお話ししたポイントを守って、女性が感じやすいやり方でバイブを使ってあげる事で女性は、よりイキやすい環境で感じる事が出来るようになりますよ。

 

 

 

 

このサイトの管理人

yui
yui
セックス講師の「ゆい」です。女性が心から満足してセックスでイケる為に男性がセックステクニックが上がるための方法を解説しています。

私の配信が、1日に「10000人以上」に見られる大きなメディアとなりました。女性に対して、心から気持ちいと思えるセックスができるように是非読みまくってくださいね!

■ セックステクニックノウハウ記事まとめ



■ 【漫画】で学ぶセックステクニック



■ 誰でも女性と出会う為のたった一つの方法