kujira

潮吹きと聞くと女性だけのものと思ってしまいますが、男性でも潮を吹くことができます。それもオナニーでも可能です。オナニーなので人の力を借りることなく自分でできるところに男性の潮吹きに魅力を感じます。もちろんパートナーや他人にやってもらう事も出来ます。

 

ちなみに、男性のオナニーというと「ドライオーガズム」というものもありますが、前立腺を刺激するうえに射精を伴わないので明らかに違うものです。どちらかというと通常のオナニーに近い存在で、射精したあとにさらに刺激を加えることで得られる快感です。

 

男の潮吹きの起源

なんとなくイメージできるかもしれませんが、男性の潮吹きを最初にしたのはSMプレイ中といわれています。M男性が、射精後もペニスを刺激されているときにピュッと液体を噴き出したことから、男性にも潮吹きがあると話題となったようです。

 

詳細は後述しますが、男性の潮吹きは僧侶で言うところの荒行のようなものです。苦しい荒行を乗り越えた先には悟りがあるように、苦痛を乗り越えた先には今までに経験したことがない快感がありるのです。そういういみではSMに興味があるM気質の男性はおすすめかもしれません。

 

男性の潮吹きは女性の潮吹きと同じようなもの?

女性の潮吹きは、おしっこでも愛液でもない無色透明の液体がピュッと飛び出します。男性の潮吹きも同様で、尿道から無色透明の液がピュッと飛び出します。科学的に解明されていない部分も多いので専門家の意見も分かれているそうですが、精液やおしっこではないことはわかっています。

 

女性の潮吹きの場合は、潮を吹く直前に尿意に似た感覚を催しますが、男性の潮吹きもこれと同様に尿意を催します。尿意を覚えるのでここでやめてしまうことが多いのですが、そこを我慢することで潮吹きを体験できるということです。

 

ところで、男性は射精するといわゆる賢者タイムに入ります。こうなってしまうと性的興奮はおろか触れられることさえ拒絶してしまう男性が多く、女性にあらぬ誤解を与えてしまう原因ともいわれます。

 

そこで、潮吹きにチャレンジすればこの賢者タイムも男性、女性の双方にとってスキンシップの場と変わります。女性に「セックスのとき自分がイッたらもう終わりだよね」など不満を言われたことのある男性はぜひ試してほしい「男性の潮吹き」です。

 

男性に潮を吹かせるポイント

男性が自分で潮を吹かせるポイントですが、「とにかく数分間がまんすること」です。オナニーを終えたペニスはちょっと触れただけでもくすぐったく感じるほど敏感になっています。この敏感な状態でもさらに刺激を加えていきます。

 

くすぐったいのや射精してぐったりしたところを気持ちを奮い立たせて刺激を加えるのは最初は苦痛でしかありませんが、我慢して刺激を加えているとやがて苦痛が快感に変化してきます。あわせて尿意を覚えます。ここまでくればゴールは間近です。

 

一度この快感を経験すると射精後から潮吹きまでの苦痛も含めて楽しめるようになります。ちなみに女性に手伝ってもらう場合も同様で、賢者タイムに突入してもフェラチオや手によって亀頭に刺激くわえてもらうことになります。

 

ただし、潮吹き未経験の場合は、感覚がわからないのでうまく説明することができないので、せっかく女性が手伝ってくれてもうまくいかない場合もあります。できれば、自分で潮吹きを経験した後に女性にも手伝ってもらうと的確な指示が出せるように思います。

 

経験豊富な女性が相手の場合は、男性が未経験でも女性に任せるというのも選択肢の一つになります。

 

男性が自分で潮を吹かせる方法

ポイントも押さえてこれから実践になりますが、ここではその方法を具体的に紹介します。亀頭を刺激する方法はいくつかあるので、自分に合った方法を試してみてください。まずやっておかなければならないのは、通常のオナニーで射精を済ませておくこと。男性の潮吹きは、射精してから始まります。

 

ポピュラーな方法

射精を済ませた亀頭部分にのみ刺激を加えていく方法です。人差し指と親指で亀頭に合わせたわっかを作ったり、親指と人差し指はさんだりして亀頭部分でしごいていきます。最初は、痛痒い感覚襲われますが、我慢して続けます。

 

痛痒かった感覚むず痒い感覚に変わってくるので、まずはこの感覚の変化まで続けてみましょう。我慢してしごいていると、尿意に似た感覚を覚え、亀頭に血液が充満してくる感覚が訪れます。そうすると尿道からピュッと液体が飛び出します。

 

射精後ペニスがなえてしまった場合

多くの男性は、射精してしまうと脱力感襲われ、同時に元気だったペニスも小さくしぼんでしまいます。刺激を加えて回復する場合はいいのですが、回復しない場合も出てきます。その時は、亀頭への攻撃と同時に乳首責め「チクニー」も有効です。

 

男性の潮吹きは射精後というのが肝心なので、回復しないからと時間を空けてしまうと効果はありません。そのため、乳首はもちろん、自分が気持ちいいと思える場所を刺激して勃起の回復を促します。

 

現在のところ、亀頭をしごく以外の方法は確立されていないので、ポピュラーな方法で潮吹きを体験したあと、自分なりの潮吹きポイントを探してみるというのも楽しみのひとつではないでしょうか。また、上記で射精後に行うことが一般的だと言いましたが、慣れてくると射精前に潮吹きすることが出来る人もいますね。

 

自分なりの潮吹きポイント探したり、未経験の場合におすすめなのが、専門店で経験してみること。おもにM性感マッサージ店で潮吹きを体験できるので頼ってみるのもひとつです。潮吹き体験できることはもちろん、自分の知らなかった感じるポイントが発見できるかもしれません。

 

女性が男性を潮吹きさせる方法

自分で亀頭を刺激する方法と同じですが、亀頭を攻撃するのと同時に口や舌を使って尿道への刺激もしてもらうと効果は抜群です。可能であれば、フェラチオをしてもらい、そのまま口内発射し、続けて亀頭への攻撃をしてもらうと一連の流れの中でできます。

 

女性に手伝ってもらう場合でも、最初は痛痒さを感じるので我慢が必要です。さらに女性は自分では感覚がわからないので細かく指示を出してあげることで効果を高めます。フェラチオで舌の使い方やスロートの仕方を細かく指示だすのと同じです。

 

そのまま亀頭への刺激を続けているとむず痒さと尿意を覚え、やがて潮を吹きます。女性の口内へ出すのもいいのですが、見たいという場合は、直前で手だけでしごく方法に切り替えてもらい、見てもらいましょう。

 

男性の潮吹きをするときの注意点

オナニーをするときの注意点をあまり変わりませんが、最低限何時もオナニーしているときにつかっているもの(エロ雑誌や動画など)、ティッシュは用意しましょう。さらに、潮を吹いたときに場合によっては部屋を汚してしまう可能性もあるのでバスタオルを敷いておくと安心です。

 

何度もお話していますが、射精後のペニスを触るのでどうしても痛痒さを感じてしまいます。慣れない最初のころは、あまりの苦痛にやめてしまうこともたびたびあります。何とかその苦痛を我慢して亀頭に刺激を与え続けることで得られる快感ということを忘れないでください。

 

M性感の話をしたのですが、潮吹きに向いている男性のタイプは、M的な要素を強く持っている方かもしれません。さまざまな苦痛を乗り越えて得る快感に魅了される方には、ぜひ経験してほしいと思います。M的な要素を持たない方でも、快楽の探求にどん欲な方もおすすめです。

 

ただ、注意としては潮吹きを繰り返して行っていると、亀頭を交えた手コキ等でも、精通よりも潮の感覚に走ってしまう人もいるようです。感覚を掴めば操作することが出来るようですが、潮吹きの気持ちよさから、潮吹きの方を優先的に行いたくなることがあります。

 

気持ちいい刺激には間違いないのですが、これらに免疫が女性も多くいますし、何事もデメリットも潜んでいるんですね。

 

必ずしも潮を吹くわけではない

潮を吹く方法をお話してきましたが、お話した方法を試せば必ず潮を吹けるというものではありません。しかし、潮を吹けないからとあきらめる必要もありません。快感を得るためには繰り返し刺激を与え続けるということも大事です。

 

一度や二度試してできないからとあきらめるのは早すぎるかもしれません。続けるか諦めるかのポイントは、亀頭への刺激を何度か試してみたときに潮は吹かないまでもむず痒さや尿意など苦痛とは違う感覚を覚えたかどうか。

 

もし、違う感覚を覚えたのなら回数を増やせばいずれ潮吹きに達することができるでしょう。詩を吹くまでの道のりは人それぞれで何回刺激すれば潮を吹くというものではないので、根気良く続けてみることが大事です。