女性の性欲は、男性のように外からはっきりと見えないのでなんだかわかりにくいものですよね。そんなわかりにくい女性の性欲について、今日は考えていきましょう。

 

性欲ピークの男女差

男性と女性の性欲はなかなかタイミングや度合いが合わないものだ、というのは、薄々感じていることだと思います。この性欲差には、男性ホルモンと女性ホルモンが大きく関係しています。

 

男性の性欲のピークは1020代と言われていますが、これはテストステロンという男性ホルモンが多く分泌される時期がこの時期だからです。基本的には二次性徴を起こしていくホルモンなのですが、ついでに性欲を上昇させる効果を持っているのだとか。

 

二次性徴を起こさせるホルモンですから、二次性徴が終わる二十歳前後からはその分泌量は減少に転じます。ホルモンの分泌が減るということは、性欲も徐々に低下していくということになります。

 

ですから、男性の性欲ピークは概ね1020代、ということになるのです。

 

そして女性の場合は、同じく女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が性欲に関わってくるわけではありません。現に、エストロゲンの分泌量が上昇しピークを迎えるのは20代の初めごろ。そのまま緩やかに減少に転じはしますが、はっきりと減少し始めるのは40代、更年期に差し掛かることになります。

 

エストロゲンの分泌が性欲に直結しないのは、女性にとってのセックスが最初に痛みを伴うことが多いからだと言えます。最初から気持ちいいセックスが出来た女性はまた違うのかも知れませんが、大半の女性は「痛いらしい」「血が出るらしい」という、セックスのネガティブな噂を最初に耳にし、実際、最初はそういったセックスに直面することになります。

 

ですから、本当にいい経験を積むまでは、女性はセックスに対して積極的になれません。性欲の高まりは会ったとしても、セックスに対して積極的ではないから、男性に見える形での性欲として発露しないという話なのです。

 

とはいえ、ホルモンの分泌には個人差がありますし、女性の性欲は先ほどお話ししたようにセックス経験の積み方や個人の趣味嗜好によって変化しますし、また、セックス相手に抱く感情によって性欲の強弱が左右される傾向にあります(好きで好きでたまらない人となら、積極的になる事もあるでしょう)

 

また、男性だって20代で性欲が落ちたまま、という人ばかりではありません。生涯現役、と胸を張っている男性だっていますから、男女ともに個人差が大きいものである、という点にご留意ください。

 

「女性の方が性欲が強い」こともある!?

男性の性欲の方が強いものだ、女性はなかなかついてきてくれないなんていう実感がある方も多いかと思いますが、パートナーのいる30代以降の男性で、「彼女(妻)の方が性欲が強い」という話を聞いたことはありませんか?

 

実は、ホルモンの分泌やその他の要因によって、男女の性欲の強さは逆転していることがあるのです。

 

先ほど女性ホルモンの分泌は40代から下降に転じる、という話をしましたね。良いセックス経験を積んだ20代以降の女性は、どんどんセックスに対して積極的になっていきます。そうなれば、ホルモンの後押しもあって、女性の方が性欲が強い、というケースは普通に見られるようになるのです。

 

パートナーがいない女性でも、本来20代の女性はしっかり性欲を持ち合わせていますから、上手に誘って女性をソノ気にさせることが出来れば、セックスに持ち込むことも夢ではありません。

 

性欲が強い女性は「爪」と「毛」で見抜く!

男性が性欲を持て余したときもちろん、するのはオナニーですよね。女性だって同じです。セックス相手がいないけれど性欲は持て余しているそんな女性を見分ける、とっておきの方法を紹介します。

 

それは、「爪の長さ」。

 

男性は多少爪が伸びていても握ってシゴくだけですから爪の長さはあまり関係ありませんが、女性は膣内を刺激するのはもちろん、クリをこするだけでも少し爪が伸びていると引っ掻いて痛みを与えてしまいます。ですから、頻繁にオナニーをしている女性は爪が短い傾向にあります。特に、利き手の人差し指や中指に注目してみましょう。

 

ただし、オモチャを使っている女性の場合は当てはまらないのが難点です。綺麗に伸ばしてネイルをしている女性でも、バイブやローターくらいなら扱えますからね。

 

そしてもうひとつは、「毛」。

 

体毛の濃さは、男性ホルモンのテストステロンが深く関わっています。テストステロンは男性の体内だけで賛成されるものではなく、実は女性の体の中でも作られているのです。

 

このテストステロンが影響する体毛は、ヒゲや胸毛、お腹や背中の毛です。何らかの影響でホルモンバランスが崩れて男性ホルモンが多くなると、影響を受けてしまってこれらの毛が濃くなることがあるのです。

 

セックスに持ち込む前の女性の身体を見ることはなかなかできませんから、襟ぐりの広い服を着ている時に背中をチラっと見るとか、鼻の下の産毛を確認するとか(言ってしまえば男性のヒゲと同じなんですが、ヒゲなんて女性本人には言わないでくださいね、少なからずショックです)そういった形で、狙った女性の体毛事情を確認してみましょう。

 

体毛の濃い自覚がある女性はすでに脱毛をしている可能性もありますので、その場合はあしからず。

 

女性がセックスをしたくなるのは?

女性は、年齢だけではなく生理周期によっても性欲が左右されます。具体的にいつ、性欲が高まるかというとズバリ、「排卵日前後の14日前程」です。

 

合わせて読みたい

女性の性欲が高まりエロい状態は生理前!ホルモン×性欲

 

とはいえ、長い付き合いのある恋人や妻、あるいはセックスフレンドでもなければ、そのタイミングにばっちり合わせて誘うことはなかなかできるものではありません。周期を把握していればその時期を狙っていけるけれど、そんなことできない!とお嘆きの男性諸氏のために、ホルモンバランスとは関係なく、女性がセックスをしたくなるようなタイミングについて伝授しましょう。

 

寂しい時

女性の多くはとても寂しがりです。女性同士集まっては他愛ないおしゃべりをしたり、女子会をしたりもっとわかりやすく、恋愛体質で彼氏が途切れるのが耐えられない!というタイプの女性は身近にいませんか?

 

そういったタイプの女性が寂しさを感じると、「誰かと一緒にいたい」と思うようになり、その欲求は「人肌が恋しい、誰かと結ばれたい」というものにシフトしていきます。

 

狙い目としては、彼氏と別れた直後や、恋人のイベントとして定着してしまったクリスマスやバレンタインなどの前。「周りには幸せなカップルばっかりなのに、自分は一人だなんて耐えられない!」そう感じている女性なら、さりげない誘いに乗ってくれるかもしれませんよ。

 

疲れている時

疲れている時って、単純に癒されたいですよね。人肌の癒し効果を求めて、誘いに乗ってくれることもあります。

 

また、疲れている時と言うのは体が敏感だったり、ドーパミンが脳内で産生されているおかげでちょっとハイになっていることもあります。たとえば徹夜明けのハイテンションで、成り行きセックスなんていうことが起こるのは、こういったメカニズムが関係しているんですね。

 

ただし、ハイというよりもグロッキー、疲れ切ってそれどころではないという場合では誘ってもうまくいきませんから、しっかりそのあたりを見極めるようにしましょうね。

 

酔っている時

お酒が入って酔っている時あくまで楽しめている段階でのことですが、そんな時、脳内で快楽を感じる視床下部へ与えられる刺激によって、性欲が高まる傾向があります。これは女性に限らず、男性も同じこと。アルコールで判断力や理性が鈍った結果、普段であればブレーキが利くような行動にブレーキが利かず、ついついセックスをしてしまうなんていうこともあります。

 

そして、アルコールを摂取することによってテストステロン(男性ホルモン)が体内で増えることが分かっています。このテストステロンが快楽を感じている視床下部を刺激して興奮物質であるドーパミンをたくさん分泌させるので、気持ちいい!というわけなんですね。

 

「女性と一緒にちょっと飲んだ後のセックスは最高にイイ」という実感を持っている方も、いらっしゃるのではないでしょうか?これは男性だけの問題ではなく、女性の体内で興奮物質がたくさん生み出されているから、なんですよ。

 

女性をセックスに持ち込みやすいのは「暗い場所」!

女性がセックスをしたくなるタイミングはだいたいわかりました。では、どういったシチュエーションで誘うのがより効果的なのでしょうか。

 

それは、少し暗い場所が適していると言えます。

 

とある海外での実験で、明るい場所と暗い場所に分かれたカップルにそれぞれ会話をしてもらう、というものがあります。明るい場所で会話をしていたカップルは比較的無難な会話に終始したのに対して、暗い場所で会話をしていたカップルはボディタッチやハグをするようになっていたという結果が出ています。

 

ですから、女性との距離を縮めたい、あわよくばセックスに持ち込みたい!と考えている場合は、明るい居酒屋やレストランよりも、少し薄暗いバーや夜景スポットなどに誘った方がよいでしょう。

 

また、明るさ・暗さと合わせてもう一つ、話し方や雰囲気も重視しましょう。バーに誘ったからOK!抱ける!というわけではありません。たくさん話をし過ぎてしまえば、女性も会話モードになってしまってエッチな気持ちが盛り上がる隙がありません。ゆっくり、落ち着いたトーンで会話をするのがおすすめです。

 

騒音を避けて耳元で囁くように会話をしたり、出来そうなタイミングがあれば、手を重ねたり肩を引き寄せたりそういったちょっとしたアプローチを繰り返すことで、たいていの女性は「あ、この人は、わたしを誘っているんだな」とピンとくることが出来ます。それから先がうまくいくかどうかはそれまでの会話や雰囲気次第、と言えるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?女性が性欲を高めるタイミングや仕組みがわかれば、口説くのもグッと楽になりそうですね。もちろん、相手の女性の気持ちが最優先ですが、何も知らないで誘うよりはずっと成功率が高いことでしょう。ぜひ参考にして、次のデートで実践してみてくださいね。

 

 

このサイトの管理人

yui
yui
セックス講師の「ゆい」です。女性が心から満足してセックスでイケる為に男性がセックステクニックが上がるための方法を解説しています。

私の配信が、1日に「10000人以上」に見られる大きなメディアとなりました。女性に対して、心から気持ちいと思えるセックスができるように是非読みまくってくださいね!

■ セックステクニックノウハウ記事まとめ



■ 【漫画】で学ぶセックステクニック