taimen

座位で挿入するときは、男性が座っているところに女性が上から乗ってくれるので、男性はなにもしなくても女性が勝手に動いて気持ち良くなってくれるし自分も気持ち良くなれるなんて思っていたら大間違いです。

 

座位で女性を気持ち良くさせるためには、スキルが必要になります。セックスのメジャーな体位のひとつである座位は、体勢を維持し続けるのが難しい体位といえます。

 

男性は座っていますが、女性が挿入しやすいように重心は背中側にあります。上記の画像のようにお互いが向かい合わせで挿入する対面座位であれば、女性が男性に抱きついて挿入をすれば、男性の背中側に倒れそうになります。

 

逆に女性も重心を背中側にして挿入をすれば、腰を動かしているときに女性の背中側に倒れそうになることがあります。お互い倒れないようにバランスをとる必要があります。

 

男性は可能な限り、自分の体のバランスをとると同時に挿入しているときに女性の腰を持つなどして女性の体を支えてあげることを忘れないでください。座位では、椅子やベットを利用して挿入することも出来ますので、様々な場面で行うことが出来る体位になります。

 

座位で挿入すると、男性器の刺激が膣内の奥に届きやすくなります。そのため、強い快感を得られやすい反面、強い痛みを感じることもあります。

 

ですから、男性が腰を動かすときには、最初から目一杯、膣内の奥に届くように動くのではなく、動きを抑える必要があります。そして、女性の反応を見ながら少しずつ大きく動くようにします。

 

ときには、「痛くない?」「気持ち良い?」と声をかけてあげることも大切です。そして、キスをしたり、胸を舐めたり揉んだりしてあげることも忘れないでください。

 

男性器を膣に挿入して動いているときだけではなく、挿入したまま動きをとめたときには特に刺激を与え続けてあげてください。

 

そして、お互いが同じ方向を向いて挿入する背面座位は、バックで挿入している体勢から後ろに座ったような体勢です。背面座位であれば、後ろからクリトリスを触ってあげることができますし、胸を揉むこともできます。

 

女性にとっては、男性の動きが見えないので、どこから手が伸びてきて攻められるのかが分かりません。この次にどうされるのか分からないことがより女性を興奮させ、女性の体をより敏感にします。

 

座位は初心者男性におすすめ

9 絞り芙蓉

数あるセックスの体位の多くは、男性が主導で膣に挿入をします。ですから、男性器を正確に膣に挿入するスキルとなるべく女性に痛みを与えないように男性器を挿入していく腰を動かすスキルが必要になります。

 

その点、座位での挿入は、座っている男性に女性がまたがり挿入をしてくれるので、挿入するときに限れば男性は待っているだけでいいので、特別なスキルは必要ありません。

 

特に、セックスをするときには、「暗くして」と言う女性が多いので、セックスの経験が少ない男性にとっては、見えない暗がりの中で、膣に男性器を正確に挿入するのは意外と難しく、入らないと焦ってしまい余計に挿入するのが難しくなります。

 

しかしながら、座位は、女性が主導で膣に挿入してくれるので、男性のセックス経験の差はあまり関係がないといえます。

 

女性にとっては、女性のペースで動くスピードや挿入の深さを調整することができる体位なので、男性にとってはもどかしく感じることがあるかもしれません。

 

だからといって、なにも考えずに欲望のまま男性が腰を突き上げてはいけません。そこはグッと我慢をしてください。ある程度女性のペースで動いてから、女性の腰の動きに合わせて動かすようにしてあげてください。

 

ただし、女性の反応を確かめながらです。男性が動くことで、より快感が強くなる場合がありますが、痛みだけが強くなる場合もありますので気をつけてください。

 

そして、他の体位から座位に移る場合ですが、男性器を膣に挿入したまま座位の体勢に移行できれば、問題はありませんが、一度、男性器を膣から抜いて改めて挿入するときには、広くなっていた膣も少し狭くなっていますし、愛液も少し乾いていることもありますので、挿入前に改めて愛撫をして、膣内を濡らして膣をほぐしてあげると座位の挿入がよりスムーズになり、お互いに気持ち良いセックスができます。