jyosei007

ブリッジ法とは、挿入時にクリトリスを刺激して中イキしやすくするための方法です。最終的な目標は、中イキできる体を作ることですが、最初はクリトリスでイクことでも構いません。まずはペニスを挿入した状態でイクという事実を作ることからはじめます。

 

なぜそんなことが必要なのかというと、挿入したまま何度もイクことを脳に覚えさせるため。脳が挿入するとイクということを覚えてしまえば、クリトリスを愛撫することなく挿入だけで中イキできるようになるというものです。

 

男性と女性の共同作業

男性だけの力でも女性だけの力でもできることではなく二人の協力が不可欠です。なぜなら、刺激がいいのか悪いのか、ポイントは合っているのか間違えているのかを、細かく聞き出し少しずつ調整をしていく必要があります。

 

冒頭でお話したように、脳に「こうすればいく」ということを覚えさせるので間違えたことを覚えさせてしまうとすべてが見の泡となってしまいます。とはいっても、神経質になる必要はないので、気持ちいいかよくないかくらいは伝える感じでいいと思います。

 

ブリッジ法のポイント

脳に覚えさせるので、繰り返し同じことをおこなう必要があります。行為自体は通常のセックスをしているので単調ではないのですが、必ずしなければならないのは、ペニスを挿入した状態でクリトリスや他の性感帯を刺激してオーガズムを迎えることです。

 

クリトリスでイケる女性ならそれほど難しいことではないと思います。もし、クリトリスでもイケない場合は、挿入はせず、クリトリスでイクことからはじめましょう。クリトリスでイケていないということはクリトリスが開発されていないということです。

 

開発されていないクリトリスをいくら攻めてもイケないので脳に間違えた情報を植え付けてしまいます。クリトリスだけでイカせる方法は、指でも舌でも問題ありません。どの方法でもいいので「イク」という事実をまずは作ることからはじめましょう。

 

おもちゃを使ってみる

クリトリスを攻めてもどうしてもイケない場合は、おもちゃに頼るということでも問題ありません。ローターなら手軽に購入できるし、女性が手元に置いておくにもコンパクトなのでおすすめです。このおもちゃを使って、イクという事実を作ってみてください。

 

脳におもちゃでイクことを覚えさせれば、次は、舌でイク、続いて指でイク、挿入してイクという具合にランクアップしていくことができます。

 

中イキは男性だけではなく女性にとってもあこがれの行為ですが、実際のセックスで経験できているのはほんの一握りです。その多くは、女性の脳と性感帯の開発が未成熟なために起きているとうえます。ただし、そのことに気づいているのは皆無です。

 

今回のブリッジ法は、そういう開発未成熟な女性のための方法ともいえます。ブリッジ法は少し特殊とも言えますが、取り入れることで今とは違った身体の開発をすることが出来るので、もし上記の事で悩みがあるのでしたら、取り入れてみてはいかがでしょうか?