3

AVでのセックスのやり方を教科書にしている男性は多いと思いますが、男優が激しく女性器を攻めているのはAVを見ている男性を興奮させるために行われているやり方であり、女性を喜ばせるための行為ではありません。最近では、女性は激しく攻められてもあまり感じていないといった情報がやっとネットを中心に広まってきていますね。

 

男性が思っている以上にデリケートなのが女性器なのです。AVのように、指を膣内に挿入してグチャグチャと音が出るほど激しく攻めると、デリケートな粘膜でできている膣内は、最初は気持ち良いとしても、すぐにヒリヒリと痛くなってしまうのです。男性器と同じように多少の強い刺激の方が気持ち良いなんてことはありませんので、優しくゆっくりと攻めてあげることで快感を長く与えてあげることができるのです。

 

そもそも、指を膣内に挿入するのは、膣内をほぐしてあげることが目的なのです。膣内の粘膜をこすって快感を与えることではありません。そして、女性に気持ち良くなってもらうためには、膣内に挿入した指で押してあげることが大切です。

 

Gスポットが最もメジャーなポイントですが、優しく膣内を押してあげると気持ち良く感じてくれるポイントは色々ありますので、女性の反応を確かめながら押す力に強弱をつけたりして、彼女が気持ち良くなるポイントを探してあげてください。決して爪は立てずに指の腹で押してあげてください。

 

女性は、好きな人から攻められたら、多少の痛みなら我慢をしていますし、あまり気持ち良くなくても、感じているフリをしています。せっかく愛し合っている人とセックスをするのであれば、彼女に本当に気持ち良くなってもらえるように、彼女の反応を確かめながら優しくゆっくりと色々なポイントを攻めてあげてください。

 

やりすぎは禁物

女性を攻める時は、優しくゆっくりと色々なポイントを攻めてあげてくださいと書きましたが、延々と続けるのは、逆効果になることがあります。女性は、挿入されるよりも愛撫をされている方が好きと言われていますが、それは、十分に膣内が濡れた状態になってから挿入をしてもらいたいという気持ちの裏返しでもあります。

 

ちゃんと愛撫をしてもらえずに、膣内が十分に濡れていない状態で挿入されると気持ち良いというよりも、やはり痛いという感覚が勝ってしまいます。ですから、愛撫をしてもらっている間に、身体が男性器を受け入れる準備を整え、挿入して欲しいという気持ちになるまで愛撫を続けて欲しいのです。

 

男性の中には、女性は愛撫が好きだから、少しでも長く愛撫を続けて気持ち良くなって欲しいと思っている方は少なくはないと思いますが、限度があります。何分間愛撫をしてあげればちょうどいいかというのは、人によって違いますので一概には言えませんが、あまりに長すぎると、女性がせっかく挿入して欲しいと思った気持ちが萎えてしまいます。

 

短すぎるのは、女性の身体と気持ちの準備が整っていませんし、愛されていないのかと思われてしまう恐れもあるので避けたいところですが、長すぎる愛撫も気をつけなければいけません。こちらも、彼女の反応を確かめながら、挿入するベストタイミングを見つけてください。

 

また、女性の身体全体を念入りに愛撫される方もいらっしゃるかと思います。耳元や首筋、お腹、腰、太ももからつま先にかけて、指や舌で念入りに愛撫をしても、あまり女性は気持ち良くないのです。

 

口、胸、下半身だけしか愛撫しないのは、少し物足りないと女性に思われるかもしれないので、キスをしてから、耳元にちょっと息を吹きかけたり舐めたりしてから、首筋を軽く触れたり舐めたりして、胸への愛撫を行うなど、重要ポイントへの通過点と考えて、少しずつ愛撫をしてあげるのが良いのです。

 

さらに、この時に注意をして欲しいのは、舐めすぎないということです。唾液が乾くと決して良いニオイという訳ではないので、たとえ好きな人の唾液のニオイだったとしても、せっかく盛り上がってきた気持ちを萎えさせる原因となり得ます。それと、女性は男性が考えている以上にセックスをしている時でも冷静な目を持っています。

 

感じすぎなぐらいに感じたとしても、コンドームを装着しないで挿入しようとすると、そこはきっちりと制止されますし、濡れすぎるとシーツが汚れないかが気になります。これは、男性の唾液も同様にシーツにつかないかが気になってしまい愛撫をされていてもあまり気持ち良くなれないのです。

 

自宅のシーツに唾液がつくのは当然嫌ですが、ラブホテルのベッドであってもセックスが終わったあとにベッドで横になるのに、唾液のニオイがするのは避けたいところです。

 

愛撫をするのは、彼女の反応を確かめながら、長くならないようにし、念入りに身体全体を愛撫するのは避けて唾液でベトベトになるほど舐めないように気をつけて、女性が気持ち良くなれるようにしてあげてください。時間を掛けすぎず、全身を触りすぎず、舐めまわしすぎないように注意してください。

 

 

このサイトの管理人

yui
yui
セックス講師の「ゆい」です。女性が心から満足してセックスでイケる為に男性がセックステクニックが上がるための方法を解説しています。

私の配信が、1日に「10000人以上」に見られる大きなメディアとなりました。女性に対して、心から気持ちいと思えるセックスができるように是非読みまくってくださいね!

男性セックステクニック事典