セックスをするときの照明の明るさについては、男女で好みが分かれます。

 

明るいところでセックスをしたいのが男性で、暗いところがいいのが女性です。理由は単純で、女性の裸をしっかりと男性は見たいから明るくしたいのであり、暗くしたい女性は、しっかりと裸を見られたくないのです。これは、どちらかが我慢をして、明るいままか暗くするか、または、間をとって、薄暗くするかという解決方法しかありません。

 

女性がセックスをするときは、暗くして欲しいと思う理由のひとつは、自分の体に自信が持てないからです。自信がないので、明るいところで自分の裸を見られたくないと思っているのです。この理由で暗くしたいと思っている女性は、明るくしたいと頼んでも、了承してもらうことは難しいといえます。

 

他には、恥ずかしいので明るいところで裸になりたくないという理由があります。こちらの場合であれば、明るいままでセックスをしたいと頼めば、あっさりと承諾してくれることが多いです。なぜならば、「男性を喜ばせたい」という思いを女性は根本的に持っているからです。

 

自分の恥ずかしさと男性を喜ばせることを比べたときに、男性を喜ばせることの方が大切だと思ってくれる女性も多いので、ダメ元で、明るいままでセックスがしたいと頼んでみると良いのではないでしょうか。

 

暗いところでセックスをする方が女性は感じる

女性が明るいところでのセックスを嫌う理由は、自分の裸をしっかりと見られたくないからです。しかし、自覚をしていない女性が多いのですが、女性は暗いところでするセックスの方がより気持ち良くなれるのです。

 

恥ずかしさがあった方が、セックスをするときにより興奮度が高まるので、ある程度の恥ずかしさは必要ですが、極度に恥ずかしすぎると、逆効果になってしまい、興奮するよりも恥ずかしさをどうにかしたいという気持ちの方が強くなってしまい、快感に身を委ねることができなくなるのです。

 

それと、女性の多くはM気質であり、虐められたりいたずらをされたりすることで興奮するのです。ですから、男性の動きが見える、明るいところでのセックスよりも、男性がどこに触れてくれるのか分からない、暗いところでのセックスの方が興奮度は高くなるのです。

 

明るいのと暗いのとの間をとるには

明るいままでセックスをしたい!暗くしてセックスをしたい!この意見の食い違いは、多くのカップルで見受けられますが、このことが原因でケンカをしたという話はあまり聞きません。男性は、何が何でも明るいままでセックスがしたいと思っている訳ではありませんし、女性も暗くないと絶対にセックスをしたくないとまでは思っていません。

 

ですから、お互いの好みの間をとることで、男性、女性ともに納得してセックスをすることができる状況といえるのではないでしょうか。

 

しかしながら、ひとつの問題がでてきます。それは、照明器具の機能の問題です。明るさを調整することができる機能が照明器具に付いているのであれば問題はないのですが、点けるか消すかだけしかできない照明器具の部屋では、薄暗くすることができません。

 

そうであれば、照明器具を買い換えるか間接照明を取り付けるかキャンドルを購入するかといった方法をとらざるを得ません。

 

しかし、これはこれで楽しみのひとつともいえます。デートがてら、照明器具や間接照明を探しに電器店へ行ってもいいですし、雑貨店なら、おしゃれな間接照明やキャンドルを探すことができます。そして、気に入った商品を購入したら、とりあえず点けてみてください。いつもと違う部屋の雰囲気に酔いしれて、いつも以上に興奮するセックスを楽しめるかもしれません。

 

このサイトの管理人

yui
yui
セックス講師の「ゆい」です。女性が心から満足してセックスでイケる為に男性がセックステクニックが上がるための方法を解説しています。

私の配信が、1日に「10000人以上」に見られる大きなメディアとなりました。女性に対して、心から気持ちいと思えるセックスができるように是非読みまくってくださいね!

男性セックステクニック事典