なくてはならないものという男も多く、大きさや形など細かく好みがわかれるのが胸です。おっぱいですね。セックスの時もキスの次に触るのは胸という方も多いのではないでしょうか。乳房を鷲掴みにしたり、強く揉んだりなど胸への愛撫もさまざまだと思います。しかし、そんな男の思いとは裏腹に女はやや冷めた意見が大勢を占めています。

 

そもそも胸自体は脂肪の塊ということもあり、触られても特別気持ちいいという事は無いとのことです。では、胸を触ると甘い吐息を漏らすのはなぜかというと触られているという雰囲気にのまれているからで、脳内でこれから起こるであろう出来事に興奮しているからです。

 

乳首を中心に円を描くようにやさしく包み込むように触ることで徐々に脳内で触られてると認識して感度も上がってきます。

 

胸の愛撫のやり方や注意点

胸には大きく分けると「乳房」「乳首」があります。乳房は前述した通りそのほとんどが脂肪でできています。乳首は、神経が集中していて乳房に比べて感度も高くほとんどの女は乳首を触ると反応しまが、すぐに乳首を触るのは待ちましょう。

 

前述したように女は脳内でイメージしながら感じています。すぐに乳首を触っても反応しますが、ここは少し焦らしてみることをおすすめします。まずは胸全体を優しく包むように触ります。適度に強く揉んでみてもいいかもしれません。

 

徐々に乳首に向かって触っていきますが、ここでも乳首の回りを円を描くように指先で触れます。最初は甘い吐息くらいだった喘ぎ声が激しくなってくれば効果ありです。

 

乳首には神経が集中しているので感度は高い部位ですが、「感度が高い=気持ちいい」ばかりではありません。感度がいいということは気持ちいい反面痛さも感じるということです。さらに女の体調によってもかなり変わってきます。例えば生理前にはいつもと同じように触っても痛がったりします。

 

そのことを踏まえて乳首を触るときはいきなり強い力で触らないことです。コツは、親指の腹の部分で乳首を少しだけ上に押し上げてみます。女が痛がっていなければそのまま親指の腹少し強めに乳首を回します。この時、女に痛いかどうか聞くこともありですが、雰囲気を壊す可能性もあるのでできるだけ反応を見て判断するようにしましょう。

 

親指で少し強めに触っても痛がらなければ、いよいよギアチェンジです。親指と人差し指でつまむ感じで軽くひねったり、引っ張ってみたり、軽くつぶしてみたりしてみましょう。この時も感じているのか痛がっているのか反応を見ることを忘れないようにしましょう。

 

あと、忘れてはならないのが乳首は二つあることです。当たり前と思うかもしれませんが、意外と最中は忘れがちで一方だけを攻めて挿入なんてこともあります。また、左右で感度違う場合もあるのでそのことも確認しながら触るようにしましょう。

 

女を虜にする乳首の舐め方

指とは違って自分で触れることができない舌の特性を最大限生かして女を興奮させましょう。特性は2つあって、「唾液のぬるぬる」と「舌独特のざらざら感」です。どちらも日常で感じることがない感覚なのでそれだけでも興奮度は上がります。

 

舐め方は、指の場合とほぼ同じで、いきなり乳首を攻めるのはNGです。乳房や乳輪を舌先でなぞるようにします。乳首がぴんと立って来たら頃合いを見て舌で上下左右に弾くようにします。さらに、乳首全体を口に含み同様に舌で転がしたり唇でつまんでみたり、甘噛みしてみたりしましょう。

 

乳首への攻めは一方しかできないので片方を舌で攻めるならもう片方は指で、または他の性感帯を攻めるという具合に同時攻めをするなど工夫して女を目いっぱい感じさせましょう。

 

乳首イキをさせる為の詳しい方法↓

 

このサイトの管理人

yui
yui
セックス講師の「ゆい」です。女性が心から満足してセックスでイケる為に男性がセックステクニックが上がるための方法を解説しています。

私の配信が、1日に「10000人以上」に見られる大きなメディアとなりました。女性に対して、心から気持ちいと思えるセックスができるように是非読みまくってくださいね!

■ セックステクニックノウハウ記事まとめ



■ 【漫画】で学ぶセックステクニック



■ 誰でも女性と出会う為のたった一つの方法