brandy-402572_960_720

 

お酒を飲むと無性にセックスしたくなる時ってないですか?しかしいざしようとしても勃起しないってことありますよね。また、女性の膣内で中折れしてしまうなど。あんなにしたかったのに・・・と思っても言うことを聞いてくれない。

 

こんな経験をした方も多いと思います。ただ、お酒を飲んでいても問題なく勃起ができるという人は自分とは無関係とお思いでしょうが、実際問題、若いので勃起することができて、「勃起をしない」、「途中に中折れする」等と言った事態は少し年をとってからの重要な問題となるのです。

 

ではなぜお酒を飲むと勃起しにくくなるのか、そしてお酒を飲んでも関係なく勃起させる方法はないのか?そんな問題を解決できるような情報を記載していきますね。

 

お酒を飲んでも勃起させる方法

それは、酔いが覚めるのを待ちましょう。当たり前ですが、これしかありません・・・とこんな答えでは怒られてしまうので、ちゃんと書きますと、つまり体からアルコールを抜けばいいわけです。どうやって早く抜くかというと、やはり多めに水を飲むこと。

 

できれば飲酒中から多めの水を飲んでいると、血中のアルコール濃度を急激に上昇するのを抑えられるのです。飲んだ後ではビタミンB1,B2,B6などが入ったビタミン飲料やスポーツドリンクを飲んだり、ウコンやヘパリーゼのような肝機能回復のドリンクを飲むなどすると、比較的早くアルコールを分解することができるようです。食べ物ですと、サバがおすすめです。

 

食べ物で言うと、下記等が一例です。

  • ビタミンB1 豚肉、うなぎ、牛肉のはつ
  • ビタミンB2 さば、豚レバー、牛レバー
  • ビタミンB6 さば、にんにく、まぐろ、鳥のささみ、牛肉

 

しかしながら急を要してアルコールが抜けるまで待てない!って時はやはり精力剤や薬などに頼るしかなさそうです。薬と言っても法に触れる薬ではなくて、あの有名なバイアグラです。しかしバイアグラには副作用もありますので、医師の指導のもと使用してください。

 

そして、意外なことに最強の精力回復アイテムは、なんとスイカなんです。スイカにはシトルリンという物質が含まれていて、勃起力の回復に絶大な効果があると言われており、副作用もありませんから安心ですよね。スイカ6切れでバイアグラ1錠分だとか。

 

しかし、スイカだと夏場しか食べないので、やはりセックスするかも・・・って時は、アルコールはほどほどにした方がよさそうですね。他に対策としては、事前に勃起力に影響がある筋肉というと「PC筋」を鍛えることで勃起力を根本から改善することができます。

 

この筋肉の鍛え方は、肛門をぎゅっと締め付けたりゆるめたりということを繰り返すことで鍛えられます。通勤のときや気が付いたときにすぐできる方法なので試してみてください。PC筋を鍛えることで元の勃起力だけでなく、感度アップ、射精力アップ、持続力もアップと良い事だらけですね。

 

お酒を飲むと勃起力がおちるのなぜか?

アルコールで視覚・聴覚・触覚。嗅覚・味覚を鈍らされているので、女性のいい匂いや、柔らかい感触などを感じにくくなっているのです。つまり早い話、全身が麻痺してるからなんですね。

 

そしてなによりビタミンB1,B2,B12,ビタミンCや葉酸に亜鉛などの精力回復に必要な栄養素がアルコールを分解する過程で消費されてしまうからなんです。

 

ではどれだけの量で勃起しにくくなるのかというと、血中アルコール濃度が0.05%になると急激に下がると言われています。つまり、ビール2杯程度で勃起力は低下するようなので、ほどほどにした方がよさそうです。

 

お酒を飲むとセックスしたくなるけど、お酒のせいでできなくなる・・・難しいですが、少量のアルコールなら性感を向上させてくれる効果もあるようです。