5196

 

挿入してすぐに射精をしてしまうことを早漏といいますが、人によって多少認識にズレはあります。一般的に、「フェラを数分してもらってから、コンドームをつけて膣に挿入して10分から20分動き続けた後に射精をする」であれば、早漏ではないといえます。

 

女性は男性に比べて、セックスで気持ちよくなりはじめるのは少し遅いです。ですから、挿入してから射精をするまである程度の時間をかけないと女性は気持ちいいと感じる前にセックスが終わってしまいます。

 

女性はイカなくてもセックスに満足するといわれてはいますが、挿入してから5分もしない間に射精をされてしまうと、その男性とのセックスに不満が募っていきます。

 

早漏を治すことができれば、今まで以上に女性を気持ちよくしてあげることができますし、自分の自信にもなります。さらに、長く挿入を続けていけるので今までは、できなかった体位でセックスをすることもできるようになります。

 

また、今まで感じていた、初めてセックスをする女性に早漏が原因で嫌われたらどうしようといった不安がなくなりますので、より充実したセックスを楽しむことができます。

どうして早漏になってしまった?

早漏を治したいと思ってもどうして早漏になったのか、原因がわからなければ早漏を治すのは難しいです。早漏になってしまった主な原因は2つあります。それは、精神面と肉体面です。

 

精神面の原因としては、すぐに興奮度が高まりすぎてしまうことです。女性の体を見ただけで興奮したり、フェラをしてくれているときの女性の動きや挿入しているときの女性の表情や声などの反応に興奮したりするとすぐに射精したくなってしまいます。主に目や耳から入ってくる情報です。

 

もう一方の肉体面の原因としては、すぐに射精をすることだけを考えてオナニーをくり返ししていることです。オナニーの目的は射精をすることですから、射精することだけを考えてオナニーをすれば、少しの興奮とちょっとの刺激ですぐに射精をしたくなります。

 

これと同様の反応がセックスのときにもあらわれてしますのです。女性の裸を見て興奮し、挿入したときの刺激で射精をしたくなってしまうのです。

早漏はどうやって治す?

早漏の原因は、精神面と肉体面なので早漏を治すためには精神面と肉体面の両方の対策をとる必要があります。精神面の改善方法としては、女性の体をたくさん見て慣れるということです。AVや写真集などをたくさん見ることで、女性の裸を見ただけではあまり興奮しなくなるのが理想です。

 

それにプラスして肉体面の改善も行いましょう。AVなどを見ながらオナニーを始めます。射精したいと感じたら、一度手をとめます。そして、「晩ご飯なに食べよう」とか「今日のテレビなにがあったかな」など違うことを考えます。

 

勃起していた男性器がフニャッとしてきたらもう一度AVを見ながらオナニーをします。これをくり返し行えば射精を我慢するという感覚を身につけることができます。

 

10秒も必要ない早漏改善方法!

しかし、このトレーニングで早漏を改善するには、時間がかかります。早漏が改善できていないときにセックスをするようになれば、とれる対策としては「分厚いコンドーム」を用意することです。

 

ラブホテルではコンドームが置いてありますが、隙を見て差し替えるとか「備え付けのコンドームより持ってきたコンドームの方が気持ちいいから」と言って使えば、女性に知られずに早漏を予防できます。

 

本気で改善するための方法まとめです↓

 

このサイトの管理人

yui
yui
セックス講師の「ゆい」です。女性が心から満足してセックスでイケる為に男性がセックステクニックが上がるための方法を解説しています。

私の配信が、1日に「10000人以上」に見られる大きなメディアとなりました。女性に対して、心から気持ちいと思えるセックスができるように是非読みまくってくださいね!

■ セックステクニックノウハウ記事まとめ



■ 【漫画】で学ぶセックステクニック