男性のみなさんは、射精の寸止めをした事がありますか?女性もイキそうな時に、ギリギリで我慢して、それを繰り返してオーガズムに達するとかなりの快感に襲われます。なので、女性も男性が射精寸止めをする気持ちは少しは分かります。それに男性の場合、出してしまうと賢者モードに入ってしまいますし、楽しい時間が終わってしまいますもんね。

 

なので、男性も射精の寸止めは、オナニーだったり、女性からの悪戯等で経験はしたことがあるかと思います。もし、「俺は射精を我慢したことがないし、出そうな時には必ず出している」男性がいるのでしたら、この記事は読まなくても大丈夫です。

 

しかし、「快楽の継続を得る為に結構、射精寸止めはする事がある」男性がいましたら要注意です。実は、何かしらの障害や病気になってしまう原因を秘めているかもしれません。では、そんなオナニー射精の寸止めの危険性についてお話しをしていきます。

 

寸止め射精オナニーをする理由

寸止め射精オナニーは、普通にイクよりも快感は増すのは確かです。これは、オナニーに限りません。女性との性行為でも女性が何度も寸止めをした場合にも当てはまりますね。実際に、風俗店などでも、射精の寸止めを繰り返して、行うようなお店もあります。

 

寸止め射精をする理由として、一番に挙げられるのが快感の継続と増加です。

 

他にも、早漏防止対策・訓練として射精の寸止めも繰り返す手法も有ります。確かに、これによって効果を得た男性もいるのですが、射精寸止め以外の早漏対策方法はいくつも有ります。なので、今からお話しするデメリットを考えると、積極的にこの射精の寸止め方法を取り入れるのは良くないのかと思いますね。

 

寸止め射精オナニーの危険性

射精障害・逆行性射精や体験談

射精の寸止め自体は、精液が出ようとしているところを、押し戻す行為なのです。通常射精は、尿道から出ていくのですが、寸止めによって、尿道から逆行してしまい膀胱に戻ってしまうのです。これを「逆行性射精」と言います。

 

「逆行性射精」とは、精液を外に出すことを我慢することで、本来体の機能として、射精時に閉じるはずの尿道口付近の尿道括約筋が開いたままになり、精液が膀胱に戻ってしまう事を指します。ただ、膀胱に精子が逆行したとしても、精子は死滅し排泄されるので、精子自体が体に対して有害とはなりません。

 

それよりも、この行為の繰り返しによって「射精障害」となり、射精時に癖になってしまい、膀胱の一部が開いたままの状態になってしまう等、通常に射精がしにくくなってしまうのです。神経系の事なので、こういった行為の繰り返しによって体覚えてしまうって事も事実あるのです。

 

実際に、私が対面で聞いた体験談を上げますと、過去よく寸止めオナニーをしていたようで、ある時に、寸止めをさんざん行った後に、射精をしようとしたのですが、射精感覚は有っても、精液自体は一滴も出なかったのです。それから、普通のオナニーで射精をしようとしても、射精感覚はあり、オーガズムを迎えるのですが、精液は出ないで逆行をしてしまう癖が付いてしまったようです。

 

つまり、射精感覚は有っても、一切精子が出なくなってしまったのです。

 

逆行してしまった後は、前立腺あたりに痛みがあり、気持ち的にも悶々とした感じなので、不快感が多かったようです。今では、少しは解消されたようですが、5回に1回程はまだ、精液が逆行してしまうことが有るようです。

 

こんな事になってしまっては、セックスはおろか、オナニーの楽しめなくなってしまいますし、一度その感覚を体が覚えてしまうと癖になってしまうので、寸止めはほどほどにしなければ、危ないですね。

 

寸止め射精・オナニーによっての引き起こす障害や病気

尿道炎・膀胱炎・前立腺炎

逆行性射精が繰り返し起こることで、尿道や膀胱に負担が掛かり、程度の差は有れど、尿道炎、膀胱炎になってしまいます。逆行性射精が無くなることで、炎症は引く事も有りますが、繰り返し逆流性射精を引き起こしてしまえば、尿道炎、膀胱炎も悪化して、より負担が大きくなってしまいます。

 

また、射精が出ず逆行してしまった際に、体験談の男性に前立腺にも痛みが出てしまうように、前立腺にも負担が掛かります。それが、前立腺炎を引き起こす可能性があります。どれにしても、体に起こる自然現象とは違う為、負担が掛かってしまうんですね。

 

勃起・射精障害

射精寸止め自体は、勃起障害を起こす事もあります。何度も射精を寸止めするので、体がそう覚えてしまい、勃起をしても、柔らかい半勃起状態だったり、中折れをしてしまう等、男性器の機能を下げてしまう事もあります。

 

しかし、寸止めでもPC筋を鍛えるように、力を入れる事で射精寸止めを行っていれば、勃起力に関しては向上するなど、射精寸止め方法にも一概に勃起障害になるとも言えないですね。ただ、繰り返し過ぎると、前立腺にかなり負担はかけていますが。

 

ただ、他に、寸止め癖によってセックスでイク事が出来ない、イキにくい等のセックス時の射精障害にもなりやすいですね。

 

早漏防止対策・訓練として寸止め射精オナニー

ここまで、寸止めオナニーについて、危険性についてお話しをしてきました。寸止めによる快感のみを目的としている男性は、少しでもやり過ぎる寸止めオナニーの改善を試みてくれると信じています。

 

では、早漏防止対策・訓練として寸止め射精オナニーを行っている男性についてお話しをしていきます。寸止めオナニーは、射精障害になり得る程、早漏対策として確かに、改善した男性もいます

 

これも今までお話しをしてきた、癖と一緒で、射精をしそうになっても、体が射精を抑える事を覚えている為、射精に対して、抵抗力が付いているのです。しかし、ペニス自体の機能性を下げたり、危険性もあるので、他の方法で改善を試みた方が無難です。

 

早漏防止対策・訓練方法のあれこれ

早漏防止対策・訓練方法としては、寸止め以外にも、精神的な要素(心因性早漏)、刺激的な要素(過敏性早漏)があります。

 

精神的な要素(心因性早漏)とは、緊張や興奮が強すぎるために早く射精してしまうことです。刺激的な要素(過敏性早漏)とは、ペニスの刺激感覚が敏感過ぎるせいですぐに射精してしまうことです。これらは、全て慣れを覚えさせることで、早漏対策になります。

 

精神的な要素(心因性早漏)なら、女性経験を増やす。刺激的な要素(過敏性早漏)なら、自主的にペニスに刺激を与えて慣れさせる等で、かなり変わってきます。手でも出来ますし、早漏対策の為のテンガオナホールも販売されてもいますね。

 

他にも技術的に、ピストンのやり方によって、射精コントロールをおこなったり、呼吸方法によって精神的に落ちつけたりと、早漏対策の手段は数多くあります。なので、早漏対策の為に、射精寸止めばかりを繰り返し行うことは、おすすめしないです。

 

もちろん、私が思うには、これらもほどほどにしないと、いけないのは確かです。ペニスに刺激を与えすぎて、かなり鈍感になってしまったり、精神が女性に対してほとんど興奮をしない状態になってしまったら、それこそセックスの楽しさが無くなり本末転倒ですよね。

 

まとめ

寸止め射精や寸止めオナニーは、体の自然な現象を無理やり抑えているのです。例えば、寝るのも出来るだけ我慢して、寝る等、必ず体に大きな負担を掛けてしまっているのです。そのため、男性の体に何かしらの障害が出てしまうんですね。

 

もちろん、これは全ての男性に言える事ではないかもしれませんし、人によって体の反応や強さも違います。寸止めをめちゃくちゃしても、全然へっちゃらだって男性もいるかと思いますが、必ず体には負担は掛かります。

 

しかし、多少の負担は有った方が、体が鍛えられるように、寸止めでもPC筋を鍛えるように、力を入れる事で射精寸止めを行っていれば勃起力が上がったり、射精コントロールが出来る等、メリットもあるのも確かですが、何事もほどほどに抑えて、やり過ぎには気を付けて下さいね。

 

もしどうしても快楽が忘れられなく、寸止め射精がやめられないとしても、この話を少しでも覚えておいて、少しでも回数を少なくしてくれればと思います!

 

 

このサイトの管理人

yui
yui
セックス講師の「ゆい」です。女性が心から満足してセックスでイケる為に男性がセックステクニックが上がるための方法を解説しています。

私の配信が、1日に「10000人以上」に見られる大きなメディアとなりました。女性に対して、心から気持ちいと思えるセックスができるように是非読みまくってくださいね!

■ セックステクニックノウハウ記事まとめ



■ 【漫画】で学ぶセックステクニック



■ 誰でも女性と出会う為のたった一つの方法