651960

 

包茎といえば、亀頭が皮で隠されている状態であることは知っていると思います。しかし、包茎にも種類があることを知っていますか?

 

成人男性であれば、自分が包茎なのか包茎ではないのかは知っていると思います。もし、包茎だとしたら自分の男性器に何か問題があるのか?相手の女性への影響は?こういった疑問にお答えしていきます。

 

まずは、包茎の種類を知ってください。包茎には、仮性包茎、真性包茎、カントン包茎の3種類があります。それぞれ包茎の状態が違います。仮性包茎は、手で皮を剥けば亀頭が現れる包茎です。通常時も勃起したときも亀頭が現れます。

 

日本人男性の60~70%は、仮性包茎だといわれています。真性包茎は、手で皮を剥くことができなくて、通常時も勃起時も亀頭が皮に覆われている包茎です。仮性包茎と真性包茎の間のような位置づけなのが、カントン包茎です。カントン包茎は、皮の先が細くなっているので、無理矢理でなければ皮を剥いて亀頭をだすことができない包茎です。

 

あなたの男性器は、どの包茎ですか?心配なのは、真性包茎とカントン包茎です。真性包茎は、皮が剥けないのでキレイに洗うことができず、汚れが溜まりやすくなり雑菌が繁殖するおそれがあります。カントン包茎は、無理矢理であれば皮を剥くことはできますが、口が細いため亀頭を締めつける状態になり血行不良をおこすおそれがあります。

 

真性包茎とカントン包茎は、自分にとって問題がありますし、相手の女性に面倒をかける可能性がありますので、何かしらの手を打つ方がよいといえます。

 

包茎でもセックスは可能なのか?

セックスをするのに、仮性包茎は特に問題はありません。もし問題があれば、日本人男性の半数以上はセックスができないということになってしまいます。問題があるのは、真性包茎とカントン包茎です。

 

カントン包茎は、そのままの状態で挿入することはできますが、出し入れをしている間に皮が剥けた状態になれば、亀頭が縛られたようになるので痺れてくることがあります。手の指先にきつく輪ゴムを巻き付けたときを想像してみてください。

 

指先は痺れてきて感覚がなくなります。亀頭が同じように痺れてきた状態になると女性を気持ち良くさせるのは二の次になってしまいます。

 

真性包茎の場合は、挿入して出し入れをしても皮が剥けることはないので、その点においてはカントン包茎に比べると問題はありません。しかし、真性包茎の程度が軽めだった場合は、挿入後の出し入れの間に皮が亀頭の真ん中辺りまで剥けると亀頭の先の方が痺れた状態になってしまうこともあります。

 

愛し合っている二人のセックスは、愛の確認の行為でもあります。しかし、真性包茎やカントン包茎であれば、男性器の皮の剥け具合が気になってしまい、挿入後の出し入れを満足に行えない可能性があり、自分はもちろん相手の女性も気持ち良くなれないことがあります。セックスに対する不満が溜まってくれば愛する気持ちが薄らいでくるおそれがあります。

 

さらに、女性は男性器を手で触ったり口にいれたり舐めたりしてくれます。この時、ニオイがきつかったり、不潔だと思われたりすれば、これも相手の女性があなたの元を去っていく原因になるかもしれません。最悪の場合、病気にかかってしまうこともあり得るのです。

 

包茎を治すには、手術を受けるしかないと思っていませんか。手術を受けなくても包茎を治せることもありますので、一度ご自身で包茎を治すための情報を集めて試してみてください。うまく包茎が改善されないようであれば、手術を受けることも視野にいれてください。