angry-2191104_960_720

 

中出しと聞いて心踊るのが男性、顔をしかめるのが女性、そんなイメージですが、女性の本音をのぞくと必ずしもそんなことはないことがわかってきました。女性にもケースによっては中出しを望む場合があり意外にも中出しを肯定的にとらえていることがあります。

 

中でも多いのは男性の愛情を感じられるからと言うもの。普段の態度やセックスでも十分に愛を感じているようですが、ときには避妊具をせずセックスして、男性のすべてを受け止めたいというのが本音のようです。

 

また、生でセックスすることと中出しされることも好きと言う強者もいるほど。こういう女性は、自分で避妊の対処をしている場合が多く素性が知れている相手の場合は比較的容易に中出しを許す傾向にあります。

 

30代人妻で男性と二人きりで飲みいく女性に中出しを許す女性が多いように感じます。おそらく性欲が増す年代にも関わらず旦那さんとの性生活がうまくいってないことから浮気心が芽生えているからではないかと考えています。

 

肯定的な声

女性の意外な本音が見える中出しについてですが、まずは肯定的にとらえている意見を見てみます。圧倒的に多いのは、「気持ちいいから」、ついで「ピルを飲んでいる」「たまにはいいかも」の順になっています。

 

「気持ちいいから」ですが、説明が必要ないくらいにシンプルです。中出しが好きな女性は、精液が膣の中に拡がっていく、ペニスからどくどくと精液が出ていく感覚は分かりませんが、気持ち的な意味合いから心から感じられるようですね。なかには妊娠するかもというドキドキ感を楽しむという女性までいるほどです。

 

「ピルを飲んでいるから安心」という女性は、妊娠したくないけど生でセックスしたいし中出しのあの感覚を味わいたいという方が大勢を占めています。なかにはコンドームだと膣内が荒れて痛みを伴う女性もいることからピルを服用している女性もいます。

 

「たまにはいいかも」という女性は、彼や旦那さんなどいつもと違う刺激を求めて中出しされたいという思いがあるようです。特にプロポーズを待っている女性に多い傾向があり、中出しさせることで男性の背中を押しているともいえます。

 

ちなみに肯定的な女性でもワンナイトラブのような関係で中出しを容認するケースは皆無のようです。やはり、中出しは楽しみたいけど身元が確実な相手とではないと不安が勝るようです。多いケースでは、セフレのような男性がいる場合。

 

特殊な性癖を持っている女性は、彼や旦那では満足できないセックスの欲求をあとくされなくセックスを楽しめるセフレなどで満たしていることがあります。この場合に中出しも含まれるケースもあります。この場合も身元が確実な相手を選ぶことは言うまでもありません。

 

否定的な声

逆に中出しに否定的な意見で多いのは「気持ちよくない」ついで「気持ち悪い」「子どもができたら怖い」の順となっていて、そもそも体が受け付けないなど嫌悪感や恐怖心で中出しを否定する声が多くありました。

 

「気持ちよくない」という女性の多くは、中出ししてもしなくてもセックスの感度は変わらないというもの。セックス中も中出しされたからといって特別感じることはないので「なぜ、男は中出しにこだわる?」という思いが巡っているそうです。

 

「気持ち悪い」という女性の多くは、中出しされた後の精液のこと。中出しされた精液は膣内にとどまらず流れ出てきます。これ自体が気持ち悪いと感じているようです。さらに、時間が経って残っていた精液が流れ出てくることもあることから下着が汚れて嫌だという意見もあります。

 

「子どもができたら怖い」という女性は、ある意味当然の思いなのかもしれません。というのも、仕事や遊びなどまだまだやりたい女性からすると妊娠することによって制限されてしまいます。また、飲み会で意気投合した男性とのセックスでは絶対に嫌という女性もかなり多くいます。

 

まとめ

いかがでしょうか。男性から見たイメージでは中出しに対する女性の考えは否定的な意見が多いと思っていましたが、意外とそうでもなく相手によっては、中出しもOKという女性がいることは事実です。

 

ただ、あくまでも一部の女性の意見なのでセックス時には「中出ししてもいいかな?」と聞いて女性の了解を得たうえで中出しするようにしましょう。結局、女性に一番の負担がかかるので、責任を持った行動をする必要がありますね。