正常位1

日本伝統のセックスの体位は、48手と呼ばれており48種類あります。普段のセックスでしている体位からちょっとアクロバティックな体位までさまざまあります。

 

そして、正常位といえば、セックスの体位の中でもメジャーな体位のひとつといえます。さらに、正常位が嫌と感じている方は、男女ともに少ないのです。というよりは、正常位はセックスの体位の中で最も人気のある体位だといえます。

 

それは、挿入を自然な体勢で行うことができますし、お互いの顔が見えるので、挿入中に「気持ち良い?」「痛くない?」など声をかけやすいですし、お互いに気持ち良くなっている表情を見ることができますし、挿入中にキスをすることもできるからです。

 

セックスの経験が少ない男性にとっては、正常位は、膣と男性器の位置関係がよく分かるので、膣に男性器がなかなか入らなくてあたふたすることもほとんどありません。

 

48手もあるセックスの体位ですが、正常位や後背位、騎乗位がベースとなっており、女性の足を閉じて挿入したり、女性の両足を男性が肩に担いで挿入したり、立って挿入したりします。

 

基本の体位に少し変化をつけるだけで、挿入の深さが変わったり、膣の締まり具合に違いがあったり、男性器が膣内での刺激するポイントが変化したりしますので、二人でより気持ち良くなれるように一度のセックスでさまざまな体位で挿入をしてください。

 

セックスでお互いに気持ち良くなるためには、欠かすことができないのが正常位です。他の体位の方が好きという女性でも、最初は正常位でしてもらいたいとか、最後は正常位がいいと思っている女性は少なくありません。ですから、正常位は習得が必須の体位となります。

 

正常位で挿入をするためには、女性が仰向けになっていなければいけません。

 

女性が仰向けの状態で愛撫をしていればそのまま挿入をすることができますが、女性が上になって愛撫をしていれば、キスをしながら女性の頭を手で支えてあげて体勢を変えてあげるなどやさしく自然な流れで女性を仰向けにしてあげてください。

 

そして、指で膣が濡れていることを確かめてから、利き手で男性器を持ちゆっくりと挿入していきます。

 

男性器を膣に挿入するときは、女性は気持ち良いというよりも多少の違和感のようなものを感じ、顔を歪めたり、弱いうめき声をあげたりすることがありますので、「大丈夫?やさしくするからね」などと声をかけてあげ、安心させてあげることを忘れないでください。

 

膣内が十分に濡れていれば奥まではすんなり挿入できますが、膣内の濡れ具合が足りない場合は、多少痛みを女性は感じます。

 

男性器を膣内で動かせば濡れてくる女性がいますので、我慢ができそうな痛みであれば、男性器を一気に奥まで挿入するのではなく、石橋を叩いて渡るかのようにゆっくりと少しずつ奥へと挿入していきます。

 

正常位での腰の動かし方

正上位

男性器を膣内に挿入することができれば、いよいよ腰を動かします。このときの男性の体勢は、両ひざと両腕で体を支えています。重心を前に移して両腕をメインに体を支えるイメージで腰を後ろに引いて前に突き出します。

 

この動作をくり返し行うのが正常位で腰を動かす基本動作となります。最初は、ゆったりとしたワーン、ツーー、ワーン、ツーーといったリズムで腰を動かし、膣内に男性器で愛液を馴染ませていきます。

 

このときに、女性の反応や表情を確かめながら「痛くない?」などと声をかけてあげます。痛そうであれば、動きを一度止めたり、さらにゆっくりと動いたりします。女性が痛みを感じなくなれば、少しずつ腰を動かすリズムを速めていきます。

 

腰の動きを速めると挿入の深さを意識できなくなります。膣内の奥に男性器が届くと痛みを感じる女性がいますので、その場合には男性器が膣内の奥に届かないように挿入の深さを調整する必要がでてきます。

 

そのときには、下記のように体の重心をより前に移して両腕や両肘で踏ん張れば、膣内の奥に男性器が届かないように腰を動かすことができます。また、キスをしながらピストン運動をすることも出来ますので幸せ感も増しますね。

正常位1

 

男性がどれだけ慎重になったとしても女性は痛みを感じてしまうことがありますので、挿入のスピードや深さに変化をつけたときには、「痛くない?」「気持ち良い?」などと声をかけてあげることも大切です。

 

ただし、あまり頻繁に聞くと、気持ち良くなりかけていた女性に水を差してしまうことにもなりかねないので、注意してください。