寝バック

セックス(SEX)ワンポイントアドバイス管理人:ゆい

寝バックは四十八手の中では敷き小股(しきこまた)と言われており、後背位(バック)の一つにあたります。角度的にGスポットに刺激が行きやすく、中イキがしやすいので女性にとって特に人気の体位ですね。

バックが好きな方は男女ともに多くいらっしゃいます。男性側では女性を支配しているという意見が多く、女性側では荒々しく突かれるのが好きという意見が多くを占めています。どちらにも共通するのは、「気持ちが良い」ということになります。

 

逆に、苦手な方の意見では、「激しく突かれると痛い」や「うまく挿入できなくて気持ちよくない」など間違えた知識でバックをしているために快楽を感じるよりも苦痛を感じてしまっていると方が多く見受けられます。

 

気分が高まり激しく求めあう場合にはバックは最適な体位ですが、密着するのは性器部分のみで男性と女性の体が密着することが少ない体位でもあります。このことから女性の中には、「男性との密着感が少ないからあまりしたいと思わない」という意見もあります。

 

前置きが長くなりましたが、そこで考えられたのが「寝バック」という方法です。バックの良さをできるだけ残しつつ、バックの弱点だった部分を補っている体位なので女性に人気の体位のひとつとなっています。

 

寝バックは女性に大人気の体位

寝バック

寝バックは、うつ伏せに寝た女性のうえに男性が覆いかぶさるように寝た状態から挿入するため、男性と女性の密着度は他の体位の中でも上位にランクするくらい高くなります。また、激しく腰を振ることはしないので女性側が痛みを感じることは少ないのも人気の理由です。

 

そして、寝バックをすると、女性の膣内にある快楽のツボともいえる「ポルチオ」をちょうどよく刺激してくれます。そのことで中イキする率が高いことから女性の間で人気が上がってきたといわれています

 

ちなみに「ポルチオ」というのは、女性の子宮の入口部分にある突起で、ここを刺激するとこれまでに感じたことのない快感を味わえるということでじわじわと話題になっています。同様に話題となるのが「ウテルスセックス」というもので、子宮にペニスを挿入するセックスといわれています。

 

「ウテルスセックス」についての詳細は割愛しますが、ペニスを子宮に挿入することは物理的に不可能なことで、ネットで書かれている「ウテルスセックス」の内容は、ポルチオ開発ではないかといわれています。ウテルスセックスについてはこちらに記載しております。

 

寝バックの正しい方法

基礎知識を頭に入れたところでいよいよ実践に入りますが、想像する感度を得るためには、まずは基本的な形をマスターしたのち、自分なりにアレンジしてみてください。正しい知識を身につけない状態で進めてしまうと感度はおろか苦痛を伴う可能性もあります。

 

女性はベッドの上でうつ伏せに寝ます。そのとき足はすこしだけ開いておきます。足を開いておく理由はペニスを迎えやすくするためです。手は体の横に置いても頭の上においても大丈夫です。楽な姿勢になれれば大丈夫です。

 

その上に覆いかぶさる形で男性が寝ます。このときペニスを膣に挿入するので男性の背の高さによって覆いかぶさる位置は変わってきます。挿入する際は、女性は少しだけ腰を浮かせます。そうすることで挿入しやすくなります。

 

膣の位置を把握できている場合は、なんの苦も無く挿入できますが、経験値が浅いと膣の位置がわからずうまく挿入できない場合があります。そのときは、体を起こして位置を確認して挿入するか女性に誘導してもらうのがいいでしょう。

 

挿入したら、バックのように激しく動かそうとはせず、ペニスをゆっくりと押し込むような感じで動かします。男性のペニスの長さにもよりますが、長めのペニスの男性ならペニスの長さ分引き抜いて押し込むという動作を、短めのペニスの男性は、ペニスを抜こうとせずぐっぐっと押し込むようにすると効果的です。

 

寝バックまでの体位のバリエーション

いきなり寝バックをするという方法もありますが、せっかくなら他の体位も試しつつ寝バックに持っていけると飽きも来ずさまざまな感度を楽しむことができます。ここでは、オーソドックスなパターンと欲張りなパターン、激情型のパターンを紹介します。

 

オーソドックスなパターン

 

「正常位」ではじめて、

正常位1

 

「側位(窓の月)」または

33 窓の月

「松葉崩し」で、

47 松葉崩し

 

で「寝バック」という、

寝バック

男性主導で体位を変更するのでペースをつかみやすいパターンです。「松葉崩し」は寝バックとともに中イキできる体位として女性に人気の体位です。

 

激情型のパターン

「バック」からはじめて「寝バック」に行くパターンですが、久々のセックスなどお互いの興奮度が高まっているときにおすすめのパターンです。

 

「立ちバック」から始まるパターンも考えられるなど本能のままセックスを楽しみたいときにおすすめです。

45 仏壇返し

 

7 碁盤攻め

 

欲張りなパターン

さまざまな体位を試すなら「正常位」から「座位」「騎乗位」「背面騎乗位」「バック」最後に「寝バック」となります。

 

背面騎乗位は下記の体位を指します。

31 御所車

 

座位」は男性と体も密着できるうえにキスができること、恥ずかしいときは下を向いて顔を隠せることなどから人気の体位です。

42 抱き地蔵

 

「騎乗位」は女性にはかなり冒険ですが、自分のペースで腰を振れるので隠れた人気体位です。女性の感度が高ぶり乱れたいときには外せない体位です。結合部を中心に体の向きを変えれば背面騎乗になります。「騎乗位」と違って顔を合わせない分激しく乱れることができます。

23 時雨茶臼

 

寝バックのさまざまなバリエーション

寝バックといっても紹介したもののほかにもさまざまな方法があります。上記で紹介したパターンのアレンジとして加えてもいいですし、新たなパターンを開発してみてもいいかもしれません。ここでは、寝バックのバリエーションを紹介します。

 

男性が上体を起こしたパターン

うつ伏せになった女性の上にまたがり上体を起こしたままの状態で挿入します。四つん這いのバックのまま女性が足を伸ばして寝ているイメージです。このパターンは、膣の奥までペニスを挿入できるので奥が感じる女性には最適です。

 

男性もある程度ピストンできるのでスピードや強弱をつけやすく、征服感も増すことからS気質の男性やM気質の女性におすすめです。女性を後ろ手に縛ってみたり、アイマスクで視界を奪ってみたりすることで、さらに感度がアップします。

 

腰だけ浮かせたパターン

通常のバックのときに女性が感じすぎた場合になる光景ですが、腰の部分だけ浮かせた寝バックです。通常のバックとは違い、状態は手ではなく、顔や胸をついて支えます。このパターンは、上記の上体を起こしたパターン同様に膣の奥まで突くことができます。

 

ピストンの方向も上下左右におこなうことで、ポルチオやGスポットを刺激でき、女性にさまざまな感度を与えられるパターンです。ヒップが大きめの女性の場合は、男性の欲望を掻き立ててくれるパターンといえます。

 

下付きの女性はおすすめの体位

女性の膣が肛門よりについている下付きの場合はバックが、お腹寄りについている上付きの場合は正常位がいいといわれています。下付きの膣の場合、正常位で挿入するとき挿入位置が見えにくく挿入角度が下向きになるため感度が半減します。

 

逆にバックの場合は、膣口が見えるため挿入しやすくなりますし、挿入角度が膣内の天井部分になるので、Gスポットやポルチオを刺激しやすくなります。そのため、寝バックはもちろん、通常のバックでも女性は中イキしやすくなります。

 

膣の位置はみな違うといいますが、最低でも二人の女性の膣を見なければ下付きか上付きかを判断することは難しいので、その場合は、正常位とバックを試してみて女性の反応を見てみるというのもひとつです。

 

寝バックのメリットとデメリット

寝バックの最大のメリットは、女性が中イキしやすくなるということです。その理由は、正常位や座位では難しい、膣の天井部分やその先にあるポルチオを刺激できるからです。当たる確率の低い正常位より、常に当たる寝バックはそれだけイキやすくなるということです。

 

男性側のメリットとしては、脚を閉じた状態で挿入するので締め付け感がアップします。さらにピストンをしなくても少し動くだけで女性に感度を与えられるので射精までの時間を長持ちさせられます。

 

逆にデメリットは、ペニスが短いと挿入が浅くなり男性はもちろん女性にも感度を与えることができないという状態になります。また、角度がない状態で挿入するので抜けやすくなってしまい、抜けるたびに中断するのでセックスに集中できないという事態を招きます。

 

寝バックが合わないときは

正しく寝バックをおこなっても感度を得られない場合があります。そんなときは無理に続けようとせず、いったん止めてみるのもひとつです。女性の感度は、火によって全く変わる場合があります。前回感じていた場所が今回は感じないなどざらに出てきます。

 

「前は感じてたのに」など執着しすぎてしまうと行為自体が苦痛となってしまい、ますます感じることができなくなってしまいます。女性の反応が良くないなと感じたら、別の体位に切り替えるのも男性のやさしさでもありますし、それを機に新たな性感スポットを開発ということも考えられます。

 

女性に人気な体位ではありますが、すべての女性が好きかどうかは別問題です。さらに体調やそのときの気分も加わってくるのでいつも同じ状態でセックスできるとは限らないということを認識しておきましょう。そう思うことで、「じゃあ、次はこれ」「次はこれ」という具合に発想が出てくるはずです。