Gスポット 構造

膣で、気持ち良くなるためには濡れていることが大前提としてありますが、ある程度ほぐして広げてあげなければいけません。

 

というのも、セックスで男性器を挿入されれば膣は広がりますが、数日たてば、膣は狭まってしまうのです。ですから、Gスポットを攻めるには、まず、膣の入り口からGスポットまでの部分をゆっくりとやさしくほぐして、膣を広げてあげなければいけません。

 

膣が広がっていない女性は、Gスポットを刺激されて気持ち良いと感じるよりも、膣内が痛いと感じる方が強くなってしまうのです。膣内を何かでほぐして広げてあげなければいけません。

 

膣内をほぐして広げるのに便利なグッズがあります。それは「大人の玩具」です。大人の玩具には、さまざまな種類があります。主な大人の玩具は、バイブやローターになりますが大きさや形状には違いがあります。

 

攻めたい場所や攻め方によって適したサイズや形状があります。膣をやさしくほぐしてあげるためには、男性器よりもひとまわりほど小さいサイズのバイブがおすすめとなります。

 

バイブの先は丸くなっており、質感はやわらかいタイプが多く女性は痛みを感じにくいのですが、挿入しやすいように芯はしっかりとしていますので、たっぷりとローションを塗ってから膣に挿入してあげてください。

 

そして、ローションを膣内全体に伸ばしていくようにゆっくりとやさしく使ってあげてください。決して勢いよく出し入れをしないように注意してください。

 

バイブの多くは、Gスポットを刺激できるように先が曲がっているタイプが多いので、Gスポットを攻めながら膣をほぐすことができます。同時攻めが効果的!

 

Gスポットにプラス刺激を加える必要性

女性をイカせるためには、「2点同時攻め」は男性にとって必須のスキルといえます。しかしながら、手や舌を同時に動かして女性を気持ち良くさせるのは、なかなか難しいですし大変なスキルです。

 

でも、Gスポットだけを念入りに攻めていても気持ち良さそうではなくイキそうでもない女性に、Gスポットを攻めながらキスをしたり、Gスポットを攻めながらアナルを攻めたりすれば、今までとは反応が急激に変わります。

 

Gスポットへの刺激にもうひとつ違う場所への刺激をプラスすると女性の気持ち良さが急上昇しイッてしまうことはよくあります。

 

「2点同時攻め」の最もポピュラーな組み合わせは、女性が持つ性感帯の双璧といっても過言ではないGスポットとクリトリスのコンビです。その他には、Gスポットを攻めながら乳房を揉んだり乳首を摘まんだり舐めたりするのも効果は高いです。

 

しかしながら、2点同時攻めは難しいスキルです。両方を同じように刺激しようと思ってもなかなかうまく刺激を与えることができません。下手をすればどっちつかずになり、どちらへの刺激も弱めになってしまい、どちらもあまり気持ち良くないなんてことにもなりかねません。

 

ですから、2点同時攻めのポイントは、メインに攻める方を決めることです。Gスポットの攻めをメインとするのか、クリトリスへの攻めをメインにするのか、それは女性の反応を見ながら決めてください。

 

女性が気持ち良さそうな方をメインに攻めてあげ、もう一方はメインへの攻めがおろそかにならない程度に攻めてあげてください。こればかりは場数を踏むしかありません。何度も実践しスキルを向上させてください。

 

ひとりでこっそりイメージトレーニングをしてうまくなっていればパートナーの女性は喜ぶかもしれません。

 

女性がイキやすいGスポット攻め

クンニリングス図解

 

女性をイカせるためには、攻めるポイントは膣内とクリトリスです。クリトリスは見える場所にあるので攻めやすいのですが、Gスポットは見えない膣内にあるので、まず、Gスポットの位置を特定しなければなりません。

 

Gスポットは、膣内のお腹側にありますので、女性には仰向けに寝てもらった方が発見しやすいです。そして、膣の入り口から4cmから5cm程のところといわれていますが、人によって若干の差はあります。

 

では、具体的なGスポットの発見の方法です。女性には仰向けに寝てもらい、手のひらを上向けにして中指をゆっくり膣の壁を刺激していきながら手前から挿入していきます。

 

中指を小刻みにリズミカルに上に押すようなイメージで刺激をしていきます。すると、女性の反応が少し変わるポイントが見つかります。一瞬ビクッとなるような反応を女性がしたら、そのポイントこそがGスポットです。

 

全神経を中指の腹に集中させて最初はやさしく押すようなイメージで刺激をしてあげてください。一気に奥まで進んでしまうと女性の反応がわかりにくいですし、Gスポットを通り過ぎてしまうことがありますので、手前からゆっくりと刺激を与えながら進んでください。

 

自分の中指を入れられるところまで入れても見つからなかったら、ゆっくりと刺激をしながら入り口へ戻り、再突入してください。それでも発見できなければ女性に協力してもらうことが必要になります。

 

「ここは気持ち良い?」「触られてなんか他の場所と違うって感じるところはどこ?」などと声をかけながら刺激をしてあげてください。

 

Gスポットの大まかな位置が特定できれば本格的に攻めを開始します。最初はやさしく刺激し、徐々に激しくしていきます。イメージとしては、「弱・中・強」の3段階の強さ調整です。

 

まず、「弱」の段階では、Gスポットを中指で押したり、奥から手前にこすったりします。この段階で女性をイカせる必要はなく、女性をより興奮させて膣内をもっと濡れさせることが目的です。

 

「中」の段階では、少しこするスピードを速めて円を描くようにこすります。女性に与える刺激が「弱」よりも強くなってきます。女性の気持ち良さを高めていき、絶頂にむけての足がかりにします。

 

いよいよ「強」の段階に突入します。少し中指の先を上に曲げて出し入れをします。Gスポットを中心に膣内全体へ刺激を与えます。男性器を挿入するために膣内をほぐすという役割も果たします。

 

段階を踏んでいくことで、女性の興奮度と気持ち良さを徐々に高めていくことができるので、女性はイキやすいといえます。

 

Gスポット攻めで潮吹きとの関係性

あなたは女性の潮吹きを目の前で見たことはありますか。潮吹きを見たければGスポットへの刺激は必須です。しかしながら、Gスポットを刺激したからといって全ての女性が潮を吹く訳ではありません。

 

他にもさまざまな条件があります。セックス相手との関係性や相手のスキル、その場の雰囲気、女性の体調など全てが万全の状態でないと潮吹きを目の前で見ることはできません。

 

女性が潮吹きをしないのは、あなたのスキルが未熟だからとは限りません。潮を吹きにくい女性がいることも事実です。

 

しかし、男性のスキルは潮吹きには欠かせないので、スキルを高める努力を続けて、セックスする雰囲気をいろいろと変えてみるのも潮吹きをするきっかけになるかもしれません。