panelimg
 

セックス(SEX)ワンポイントアドバイス管理人:ゆい

「セックスに48手も必要じゃないでしょ!」って思う方もいるかと思いますが、中には実際に取り入れることが出来る新体位を発見出来るかと思いますので、一見の価値はありますよ。

48手とは、元々は相撲の決め手の数の事を指していて、昔の日本では縁起が良いとされる48と言う数字で表現をしていました。ただ、実際には48以上の決め技が存在します。そのため意味としては、漠然と相撲の技の数が多い事を指していました。

 

このことは、性行為に関する48手・四十八手と同様で、性行為に渡る体位の数を表しているのですが、実際にはもっとありますので、性行為・セックスの体位全般の事を指していることがほとんどです。

 

この記事では、その中でも代表的な48手を紹介していきます。王道的な体位から、アクロバティックで実用することは難しい物まで含まれていますが、これらの48手の体位を参考に是非実践して頂ければと思います。

 

Contents

【48手・四十八手】体位別の一覧

48手の中では、基本としている体位は決まっていて、その体位での様々なバリエーションが存在します。そのため、「正常位」「騎乗位」「側位」「バック」「座位」「前戯」「その他」にそれぞれ分類して紹介していきます。

 

体位別:正常位

正常位①:しがらみ

17 しがらみ

「しがらみ」の体位は、正常位の一つになります。女性が下になり膝を曲げることなく伸ばし、男性が上から覆い女性の両足をまたがり挿入します。女性の方は脚を広げない為、挿入時の締め付けが強い為男性にとって気持ちが良い体位となります。体同士の密着度が高い為、心から満たされ、安心感を得られる為、女性にとっても人気の体位ですね。

 

正常位②:千鳥(ちどり)

11 千鳥

千鳥は仰向けになり、足を折り曲げた女性に覆いかぶさり男性が挿入する体位になります。女性の足の外に男性の両足が来るため、男性のペニスを挟む格好になる為、締め付けが強く刺激として男性は気持がいい体位になります。女性の体の硬さによっては足を折り曲げることが痛い人がいる為、体が柔らかい女性のみ可能な体位と言えますね。また、女性の膝・腰に掛けて負担が掛かりますので、長い時間のセックスは難しいです。実践的な体位ではないです。

 

正常位③:深山(みやま)

4 深山

深山は、正常位でのバリエーションの一つになります。女性が仰向けになり、男性が女性の両足を束ねて持ち上げて挿入する体位になります。女性の足を上にどかしてしまう為、太ももが邪魔することが無いので、深い挿入をすることが出来ます。また、女性の足が閉じている為、膣口が絞められるので刺激も高くピストン運動もやり易いので、男性にとって正常位の中でもかなり気持ちが良い体位と言えますね。

 

正常位④:立ち松葉(たちまつば)

3 立ち松葉

立ち松葉は、正常位の一種になるのですが、かなり変わった体位と言えます。女性の両足を男性が高く持ち上げて、女性の腰や背中が浮いた状態に持っていき、脚を支えた状態で挿入をします。その際に、お互いの足が交差する形になります。ピストン運動としては、上下にバランスを保ちながら行うのですが、この体位は女性も男性も物凄い体力を使う為、この体位を維持することが出来ない為、遊び程度でしか行うことが出来ないセックス体位と言えますね。

 

正常位⑤:松葉崩し

47 松葉崩し

松葉崩しは、48手の中でも実用的な体位で男性・女性と共に人気がある体位になります。女性がうつぶせになり、片足を持ち上げ、男性と女性の足を交差させることで、太ももの弊害が無くなりますので、深い挿入をすることが出来ます。女性が中イキしやすい体位でもありますね。

 

正常位⑥:達磨返し(だるまがえし)

43 達磨返し

達磨返しは、正常位の一種で縄を使ったSMプレイの事を指します。情勢は膝を曲げた脚に対して縄にて固定します。男性はその状態にて挿入を行います。昔からSMプレイが興奮する材料として行っていたんですね。

 

正常位⑦:つり橋(つりばし)

29 つり橋

つり橋の体位は、女性が両肘を床に着けて仰向けの女性に対して、男性が女性の腰を持ち浮かべます。その際に女性は肘を起点してからのバランスを保ちます。この体制で男性はピストン運動をする為、体力も必要ですし、女性にも負担がかかる為、実践的な体位とは言えないです。抑揚の為になら、少しの間混ぜてもいいかもしれませんね。

 

正常位⑧:理非知らず(りひしらず)

22 理非知らず

理非知らずは、正常位の一種になります。ソフトSMであり、女性の手足を両方縛り自由に動くことが出来ない状態で男性が正常位体制で挿入します。一つの興奮材料としてソフトSMをセックスに取り入れることは有効策ですね。理非知らずでは、女性が体育座りにさせて手首と足首だけですが、目隠し等で視覚の自由を奪うことはよりMっ気を持っている女性にとっては更に興奮出来る一つになる場合が多くあります。

 

体位別:後背位(バック)

後背位①:鵯越え(ひよどりごえ)

13 鵯越え

鵯越えは、後背位(バック)の一つで、女性が四つん這いになった状態で、男性が後ろから挿入する体位になります。セックス体位の中でも王道体位になりますし、ピストン運動にしても安定感があり、女性・男性と人気がある体位になります。四十八手の中では、実践的な体位になり、男性からは女性を服従させていると感じることが出来る体位ですので、興奮度も増す体位になります。

 

後背位②:碁盤攻め(ごばんぜめ)

7 碁盤攻め

碁盤攻めは、後背位(バック)の一つになります。女性がベットやいすなどに手で体重を掛けて、腰を突き出す状態にて男性が後ろから挿入をする体位になります。この体位はピストン運動も激しく行うことが出来て、うしろやぐら(立ちバック)よりも腰を突き出すことが出来る為、深い挿入を可能にしますので、男性にとっても女性にとっても人気の体位の一つです。

 

後背位③:燕返し(つばめがえし)

48 燕返し

燕返しは、四つん這い状態の女性に対して、男性が女性の片足を持ち上げて脚を交差させて挿入する体位となります。後背位(バック)の一種ですね。この体位では、女性と男性の足が交差している為、男性のペニスが通常よりも深く挿入することが出来ます。ただ、この体位は女性の片足を持ち上げている事もあり、バランスを保つのが大変になります。ピストン運動を入れると尚更です。そのため、難易度が少し高い体位形態になります。

 

後背位④:押し車(おしぐるま)

39 押し車

押し車は、後背位(バック)のバリエーションの一つで、四つん這い状態の女性を男性が足を持ち上げた状態にて挿入を行います。男性は女性の足を抑えながらピストン運動を行い、女性は両手で自分の体勢のバランスを保ちます。48手の中でも、実際にセックスにて使うことは難しい体位とは言えますね。

 

後背位⑤:抱き上げ(だきあげ)

14 抱き上げ

抱き上げは、女性が両腕を伸ばし、うつ伏せの状態で、男性が女性の両足を持ち上げて挿入する体位になります。図を見ればわかるかと思いますが、かなりアクロバティックなセックス体位であり、女性も男性もかなり腕力が必要になります。挿入からピストン運動激しく行うことが出来ない為、バランスを保ちながらゆっくりと動く必要があります。そのため実際にセックスをする際に実践しにくい体位となりますね。

 

後背位⑥:仏壇返し(ぶつだんがえし)

45 仏壇返し

仏壇返しは女性が前かがみになっている状態でうしろからの挿入になります。後背位の一つになります。女性にとっては、この体位状態を長時間続けることは負担が掛かってしまう為、一つのバリエーションとして繋ぎ体位として使うことが良いかとは思います。

 

後背位⑦:浮き橋(うきはし)

41 浮き橋

浮き橋(うきはし)は、横向きなっている女性に対して、男性が女性の腰を持ち上げて挿入する体位になります。女性が膝をたたむことによって男性は持ち上げやすくなります。側位よりは、後背位の一つに近い体位になります。挿入時には深い挿入が可能になりますが、男性・女性と共にバランスを保つことが大変な為、実践向きとは言えないです。

 

後背位⑧:うしろやぐら

30 うしろやぐら

うしろやぐらは、後背位(バック)の一種になり女性が腰を突き出すようにして壁に体重を預け、立った状態で男性が後ろから女性に挿入をします。今では立ちバックと言われていますね。男性は女性の腰を引き寄せることでピストン運動をスムーズに行うことが出来ます。AV動画では、野外セックス(青姦)時にはこの体位がよく使われております。

 

体位別:側位

側位①:寄り添い(よりそい)

28 寄り添い

寄り添いは、セックスの挿入体位では無く、前戯の一種を表している体位になります。前戯の際に、男性が女性の横に寄り添い愛撫をし合う体位になります。前戯だけでなく、後戯でも同様になります。この行為は、挿入はしていませんが、お互いに愛撫をし合うことで心・体と満たしくれる前戯行為ですね。

 

側位②:窓の月(まどのつき)

33 窓の月

窓の月は、横向きに寝転んでいる女性に対して、男性が後ろから寄り添って挿入する体位になります。即位体位の王道体位になります。挿入することやピストン運動が大変ですが、女性は包まれながらセックスをすることが出来る為、人気の体位です。また、この体位ですと、首の位置を維持することが大変な為、枕等があると、負担が少なく長時間この体位でも実践することが出来ます。

 

 

体位別:騎乗位(きじょうい)

騎乗位①:時雨茶臼(しぐれちゃうす)

23 時雨茶臼

時雨茶臼は騎乗位の一種になります。仰向けの男性に対して、女性が上にまたがって後ろ体重に挿入する体位になります。一般的に騎乗位と言えば、この体位を指しますね。似た体位として、百閉(ひゃくへい)がありますが、この体位は女性が前かがみになり挿入する騎乗位になります。

 

男性側は動いてもらう事により、負担が少なく、女性にしても自分の動きたい、刺激をしたい箇所に当てる事が出来るためお互いに人気の体位になります。もちろん男性が下から突き上げることで男性主体でセックスを行うことも可能ですね。

 

騎乗位②:百閉(ひゃくへい)

18 百閉

百閉は、騎乗位のバリエーションの一つで、男性があおむけになり、女性がその上にまたがり挿入する体位となります。似ている体位として、時雨茶臼(しぐれちゃうす)がありますが、時雨茶臼は女性が後ろ体重に対して、百閉では、女性が前かがみになった体勢で恥骨を押し付けての騎乗位になります。男性も女性の動きに対して、上に突き上げることで一体感を感じることも出来るので男性・女性共に人気の体位ですね。

 

騎乗位③:茶臼のばし(ちゃうすのばし)

21 茶臼のばし

茶臼のばしは、男性が下になりその上に女性がまたがり挿入する騎乗位の一種になります。時雨茶臼のように女性が上体を起こして挿入・ピストン運動する体位と違って、茶臼のばしでは、女性が上体を男性に預けて触れ合いながらの性行為になります。

 

騎乗位の体位として、茶臼のばしから始まり、時雨茶臼のように女性が上半身を起こすことでスムーズに体位移動が可能ですね。

 

騎乗位④:菊一文字(きくいちもんじ)

46 菊一文字

菊一文字は、仰向けの男性に対して女性が足を広げて横向きになり、挿入を行う体位です。この体位は女性にとっては、バランスを保つのも大変ですし、挿入位置の調節、ピストン運動自体も大変なため、実用的な体位とは言えないです。しかし、マンネリから挑戦するのでしたらいいかとは思います。

 

騎乗位⑤:宝船(たからぶね)

37 宝船

宝船は、仰向けの男性に対して、女性が上にまたがり、男性の片足を女性が持ち上げた状態にて挿入する体位です。女性主体体位である騎乗位の一種になります。この体位では、挿入時に太ももが邪魔することが無いので、通常の体位よりも深い挿入が可能になります。

 

騎乗位⑥:流鏑馬(やぶさめ)

35 流鏑馬

流鏑馬は騎乗位の一種で、仰向けの男性に対して、上にまたがっている女性が紐で男性の首に巻き付けて、たずなのように引っ張り男性を支配して、女性主体で腰を動かす体位になります。女性がSで男性がMと言った状況化で興奮度を増す体位になりますね。

 

騎乗位⑦:御所車(ごしょぐるま)

31 御所車

御所車は騎乗位のバリエーションの一つになります。騎乗位と言っても、女性が反対側を向いてピストン運動をするのではなく、ペニスを中心・起点として時計回り、時計反対回りと360度回転するのです。実際にこの体位は、男性のペニスに大きなダメージを与えてしまうケースもありますので、女性側の位置の調節が重要になります。セックスの体位としては実践的ではなく、一つの遊び体位としての位置付けですね。

 

騎乗位⑧:撞木ぞり(しゅもくぞり)

27 撞木ぞり

撞木ぞりは、男性の上に女性が仰向けになって挿入する体位となります。騎乗位の一つのバリエーションですが、女性が主体の体位ではなく、男性が下から突き上げることがベストな体位になります。ピストン運動は体に負担が大きく難しいので、実践的とは言えない体位なので、抑揚としての体位と言えます。

 

体位別:対面座位

対面座位①:帆かけ茶臼(ほかけちゃうす)

20 帆かけ茶臼

帆かけ茶臼は対面座位の一つになります。仰向けの男性に対して女性が上からまたがり挿入をします。そして、男性が上体を起こして女性の片足を持ち上げて方に乗せることで帆かけ茶臼の体位となります。女性の体勢は後ろになるので、手でしっかりとバランスを保ち、男性は女性のサポートをする必要もあります。ピストン運動も大変な体位なので、見栄えもエロい為抑揚としての体位と言えます。

 

対面座位②:首引き恋慕(くびひきれんぼ)

8 首引き恋慕

首引き恋慕は、対面座位の一種なのですが、お互いに向き合い座り、首に縄を掛け合った体位になります。この体位自体は通常の対面座位なのですが、縄を使ってお互いに物理的に離れることが出来ない状態により心理的に興奮度を高めることが出来る体位と言えます。

 

対面座位③:抱き地蔵(だきじぞう)

42 抱き地蔵

抱き地蔵(だきじぞう)は座位のバリエーションの一つで、通常の座位と同様ではあるのですが、男性が椅子やベットに腰を掛けた状態にて女性がまたがり挿入する方法になります。

 

肌を触れ合いながらセックスを行うことが出来きて、挿入に関しても深く挿入することが出来る事からも男性・女性と共に人気の体位の一つになります。四十八手の中でも、特に人気の体位と言えますね。

 

対面座位④:こたつ隠れ(こたつかくれ)

36 こたつ隠れ

こたつ隠れは、こたつを囲んで男性と女性が向き合って挿入する体位になります。対面座位の一つですね。天板下でつながっているという悪戯的な体位です。ただ、こたつの大きさによっては物理的に出来ないケースもありますし、勢い余って火傷に気をつける必要がありますね。セックス体位としては実践的とは言えない体位です。

 

対面座位⑤:獅子舞(ししまい)

26 獅子舞

獅子舞は、対面座位のバリエーションの一つになります。女性は座ったまま脚を男性の肩口まで上げて、男性は女性の腰を持ちバランスをお互いに保ち挿入する体位になります。ピストン運動として女性の腰を引きながら腰を上下に動かします。女性は後方に両手を置いてバランスを保つ必要があり、男性にしても腰も動かしづらく、体力がいる為、実践的な体位とは言えないですね。

 

体位別:背面座位

背面座位①:本駒駆け(ほんこまがけ)

19 本駒駆け

本駒駆けは、男性が膝を立てた状態で女性がまたがるように乗り挿入する体位になります。ピストン運動をする際には女性が足を床について腰を浮かべることで男性が下から突き上げることでスムーズに行うことが出来ます。女性からも男性からもピストンが可能ですので、お互いに満たしあうことが出来る体位であります。

 

背面座位②:手懸け(てがけ)

16 手懸け

手懸けは、椅子やベットを利用した背面座位になります。図の通り、ソファーなどに腰を掛けた女性が男性に同じ方向を向いて座り挿入する体位になります。女性、男性ともに激しいピストン運動は難しいですが、お互いに動き合う事が出来る為一体感を味わうことが出来ます。また、男性は女性のクリトリスや胸を愛撫をしながら挿入が出来る為、より興奮・刺激を与えることが出来ますね。

 

背面座位③:鳴門(なると)

10 鳴門

鳴門は背面座位の一種になります。男性と女性は同じ方向を向き、女性は男性の上に乗り挿入する形になります。手懸け(てがけ)と体位としては似ているのですが、鳴門は動きが違っていて、女性の膝の下を持って脚を開かせて、女性の腰を左右に動かして膣内でペニスを回転しながら押し込みます。腰を回転させて挿入する為、通常のピストン運動とは女性も男性も違った刺激・感覚となる為、気持ちよさや興奮度が高まります。

 

背面座位④:絞り芙蓉(しぼりふよう)

9 絞り芙蓉

絞り芙蓉は背面座位の一種になります。男性が両足を閉じて女性がその上に座り挿入する体位になります。男性よりも女性の方がピストン運動はしやすい体位になります。ただ、男性は両手が自由なので、挿入時には女性の体を愛撫をすることが出来きますね。この体位は視覚的に見てもエロい体位なので、前に鏡があればより興奮度が増すかもしれませんね。ただ、この体位はペニスの挿入が浅いので、深い挿入を求めている場合は適さないです。

 

背面座位⑤:乱れ牡丹(みだれぼたん)

44 乱れ牡丹

乱れ牡丹(みだれぼたん)は、男性が後ろで女性が前で、男性に対して女性が脚を広げてまたがって乗る形になります。座位の一種になります。女性にとっては、男性に包まれている事からも、幸福感がある反面、女性器を広げている事からも恥ずかしさを感じる体位になります。男性からは女性の体に、愛撫を自由に行うことが出来る事からも人気の体位です。絞り芙蓉とほとんど同じ体位ですが、乱れ牡丹の場合女性の手を男性の首に回すとも言われています。

 

背面座位⑥:こたつがり

25 こたつがかり

こたつがりは座位の一種になります。「こたつ隠れ」では、こたつに対して向き合って挿入する対面座位の一種でしたが、こたつがりでは、男性の上に女性が乗って挿入する座位になります。こたつの天板が低い場合、物理的にかなり厳しいですが、二人が入る高さがあるのでしたら、その制限された範囲内で前後に動かす風情性がありますね。こたつでの性行為なので、火傷には気をつける必要があります。

 

体位別:前戯

前戯①:雁が首(かりがくび)

15 雁が首

雁が首は、現在で言うところのフェラチオの事を指しています。女性が男性のペニスを口を使って愛撫をしてあげる事ですね。実際にフェラチオ一つとっても沢山のテクニックがありますので、これだけで48手を作ることが出来るくらい深い前戯にあたります。

 

歯が当たらないように、など注意する点などありますが、基本的には男性はフェラを喜んでもらえるかと思いますので、セックスの前戯に取り入れてもらえればと思います。ただ。女性の中には、フェラチオをすることに抵抗がある人もいますので、男性は強要はしないように注意しましょう。

 

前戯②:椋鳥(むくどり)

12 椋鳥

椋鳥は、現在ではシックスナインの事を指しています。女性が下に寝転がり、男性が上にまたがってお互いの性器を口で愛撫し合う体位の事です。逆に男性が下で女性が上に覆いかぶさる体位は、二つ巴(ふたつどもえ)と言います。お互いに大切なところを愛撫し合うことが出来ますので、お互いに満たしあうことが出来る人気の体位ですね。

 

 

前戯③:立ち花菱(たちはなびし)

5 立ち花菱

立ち花菱は、現在でいうクンニリングスの事を指しています。ただこの体位では、女性の腰の下に枕等を入れる事で女性器が丸見えになりクンニがしやすい方法になります。女性の性器が見やすくなるため、女性にとっては恥ずかしい体位であるため、興奮度が増しますし、男性にとってもよく膣が見える為、お互いに興奮出来る体位なんですね。

 

 

 

 

前戯④:鵯越えの逆落とし(ひよどりごえのさかおとし)

6 鵯越えの逆落とし

鵯越えの逆落としは、前戯でのクンニの一種になります。女性がうつ伏せに寝ている状態から男性が女性の両足を持ち上げて肩口まで持っていき女性器に愛撫を行う体位になります。図からも分かるかと思いますが、かなり体力が必要になる体位になります。女性は姿勢維持の為にもかなり腕に負担が掛かり、男性も女性の体重を体で受け止める為、負担が掛かります。抑揚としての体位としていいかもしれませんね。

 

 

前戯⑤:千鳥の曲(ちどりのきょく)

2 千鳥の曲

千鳥の曲は、現在で言うところのフェラチオを指します。男性の性器を女性の口を使って愛撫をする行為ですね。フェラチオ自体は直ぐに取り入れることが出来る行為ではあるのですが男性が気持ちが良いフェラを行うことは、ある程度の経験も必要になってきます。また、歯を当ててしまうと男性は痛がってしまうので、気をつける必要がります。

 

前戯⑥:鶯の谷渡り(うぐいすのたにわたり)

40 鶯の谷渡り

鶯の谷渡りは、体位とはいっても挿入体位ではなく、前戯で行う体位テクニックを指しています。女性が仰向けに寝ているのに対して、男性が覆いかぶさるように、胸や首、体全体を唇や舌を使い愛撫する事が出来することで、挿入前の性感度を高めることが出来ますね。

 

前戯⑦:岩清水(いわしみず)

34 岩清水

岩清水は、男性が仰向けに寝転び、その上に女性の股が男性の顔に来るように座る体位になります。挿入の体位では無く、クンニの体位を表しています。女性器を近くで見ることが出来る為、クンニをすることが好きな体位になります。また、女性の性器を無理やり押し当てることが出来る体位としてもM趣向の男性に対しては、嬉しい体位になります。

 

前戯⑧:二つ巴(ふたつどもえ)

32 二つ巴

二つ巴は、男性が寝転んだ状態で、女性が反対側になりお互いが口を使っての性器を愛撫し合う体位になります。現在では、シックスナインと言われていますね。お互いに愛撫をし合うことが出来る体位でありますので、人気のある体位と言えます。同じシックスナインでも、椋鳥(むくどり)は男女の位置が逆の体位の事を指します。

 

 

体位別:その他

その他①:締め小股(しめこまた)

38 締め小股

締め小股(しめこまた)は、伸長位(伸展位)の一種で、女性が脚を伸ばしたままで挿入する体位になります。女性に対して男性が覆いかぶさり太ももの隙間から挿入する体位になります。通常の体位より締め付けが強い為、男性にとっては気持ちが良い体位ですね。

 

 

その他②:立ち鼎(たちかなえ)

1 立ち鼎 修正

立ち鼎は、対面して立ったまま挿入を行う体位になります。男性が女性も片足を持ち上げて挿入する形になります。ピストン運動は難しい体位になりますし、女性も片足の為前後のバランスを保つのが大変であり、男性がサポートをしっかりとして上げる必要があります。男女に身長差があると挿入するために、膝で高さを調節をしないといけない為、よりバランスを保つ難易度があがりますし、実践的とは言えない体位ではありますね。

 

 

その他③:テコがかり

24 テコがかり

テコがかりは、シックスナインのように見えますが、お互いの性器を愛撫しているのではなく、この体制で挿入をしている体位なのです。ただ、この体位は、女性にとっても普段とは違った角度で膣内に挿入されるため、痛みを生じることがありますし、男性にとってもペニスにダメージが受けることがありますので、お互いに慎重に動かなければならない体位と言えます。

 

まとめ

以上で、48手の体位説明になります。48手を見て頂ければわかるかと思いますが、全て実践で使えるかどうかと言えば、そうではなく、実際にピストン運動を考えると取り入れることは難しい体位もありますね。

 

色んな体位がありますが、正常位のバリエーションの一つだったりと基本体位の応用技となっているケースがほとんどなので、是非一つの体位からスムーズに移行する際にでも取り入れて頂ければと思います。