キスの仕方でセックスまでいいかもと思わせるともいわれるほど女にとってキスは重要なファクターといえます。しかし、意外とおろそかにしている男が多く、結果的にセックスがいまいちと感じている女が多いのも事実です。

 

では、女を虜にするキステクニックとはどんなものでしょうか。ポイントは二つで「舌の動き」と「スピード」です。「舌の動き」とは、力加減のことで、ただ、舌を入れて口の中をかき回すだけのキスでは、ムードなどなく、相手は苦痛を感じてきます。そこで、攻めたら引くという具合に相手の舌の動きに合わせることが大事です。ときには、自分の口の中に女の舌を誘うように動かすことも大事です。

 

「スピード」とは、舌を動かす速さのことで、キスをしているのに舌を高速で動かすのはNGです。なぜなら、キスを通して女をその気にさせなければならないからです。イメージは、ゆっくりと妖艶にという感じですが、具体的には、ゼリーを舌で触るときのような柔らかさで、相手の女の舌の動きに合わせられるのがベストです。

 

セックス前となると早く入れたいという気持ちでいっぱいになり、キスや前戯がおざなりになりがちですが、十分すぎるほどさまざまなレパートリーのキスをして女の心を開かせることに全神経を集中しましょう。

 

冒頭でもお話した通り、キスによって脳内でセックスまでイメージし、さらに、場合によってはキスだけで濡れることもあるという女もいるほど女にとってキスは重要なものです。逆にいうとキステクニックを磨けばセックスまでのハードルがかなり下がるともいえます。

 

では、具体的にどうすればいいかというと、キスをすることで、徐々に相手の気持ちを高めていくことです。ドラマで描かれるようないきなりディープキスというのは通常あり得ないということです。まずは、軽く唇と唇が触れるようなチュッという感じのライトなキスをします。女からあらためてキスを求めて来たら大成功です。

 

ところで、女がセックスで満足するのは高度なテクニックで気持ち良かったからではなく、精神的に満たされた時といわれています。具体的にいうと女のために男が尽くしてくれたと感じられたときです。キスもなく自分勝手に終えられるセックスに満足感を見出すことは難しいことでしょう。

 

だからといって、キスをすればセックスに満足してくれるという話ではないのでキスの仕方や雰囲気などにも気を遣うことは大事です。そういう意味では、セックスしたいときだけキスをする男は女を警戒させるだけなので気をつけたいところです。

 

キスの応用テクニック

場面によってさまざま考えられますが、セックス前のスキンシップであればおでこや髪へのキスも有効です。どちらも触れるだけのライトキスという位置づけで鵜が、そのあとの唇へのキスやセックスに向けたプロローグという側面もあるのでおろそかにはできません。

 

ほかには、不意打ちや焦らしとしておこなう頬へのキスも場合によっては有効です。そんなドラマのようなシチュエーションなんてと馬鹿にするかもしれませんが、これがかなり女には好評です。たとえば、名前を呼んだ際に振り向きざまに頬へキスしたり、基地ビルへキスすると見せかけてわざと頬へキスしてみたりというものです。

 

さらに、セックス前やセックス後に限定になるかもしれませんが、耳や首筋へのキスも性感帯を刺激して感度を高めるときに有効です。特にセックス後は余韻を楽しむことがないといわれる男も多く、後戯という意味でもおすすめです。セックス前後以外で耳や首筋へキスできるのはある程度の関係ではない限り、かなりハードルが高くなります。

 

 

貪りあうように激しいイメージのあるディープキスは、セックス前やセックス中などお互いに気持ちが高まっている際にはさらに気持ちを高める意味でも有効です。テクニックというよりは、本能のまま求めあうというほうがあっているかもしれません。

 

では、ディープキスは激しいものだけかというとそんなことはなく、唇を合わせるだけのディープキスもあります。「カクテルキス」といって首の角度を変えながら何度もキスをするもので、唇に軽く振れるライトキスよりもう少しくっつくイメージのキスです。このカクテルキスは、まだ関係が浅く相手の女の嗜好が把握できていないような様子を見るときや外などすぐにセックスできる場所ではないところでのキスとしてはおすすめです。

 

キステクニックの重要性

ここまでキスについてさまざまな切り口で紹介しましたが、必要以上にキスのテクニックにこだわる必要はないでしょう。軽いキスなら唇に触れるだけでもいいですし、ディープキスも舌を絡める必要はありません。

 

また、セックスを前提としたキスの場合には、ソフトキス以上ディープキス未満が最適という話もありますが、いきなり舌を入れるディープキスをするなど前述した最低限の注意を守れば自由にできる楽しみがあります。

 

キスをするまでの雰囲気づくりや気持ちの整理など考えることがいっぱいあり、いざというときは勢いでやってしまうことも出てくることでしょう。そういう意味でもキスの種類くらいは自分の思い通りにしてみてはいかがでしょうか。